2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

選挙情報

2023年10月27日 (金)

韮崎市議選 小林氏が3位で議席守る

Kz6_2660

1日投開票された韮崎市議選(定数16、立候補17人)で日本共産党は、小林恵理子氏(68)=現=が993票を獲得して3位で8期目の当選を果たしました。

小林氏の得票は昨年の参院比例票比で117%に伸ばしました。

小林氏は「大軍拡・大増税ノー、平和への願いを共産党に託してください」と訴えました。市が計画する国保税・水道料金の値上げに反対し、学校給食費を第1子も無料化、国保税の均等割りの廃止、補聴器購入費の補助などを掲げ、市民生活を支える具体的政策に共感が広がりました。

当選の報を受け小林氏は、支援者を前に「これからも新しい議会に市民の声をまっすぐ届け、公約実現にがんばります」と決意を語りました。

2023年7月 8日 (土)

大月市議選 藤本実氏が議席守る

Img_0876

2日投開票された大月市議選(定数14、立候補16人)で、日本共産党の藤本実氏(54)=現=は1013票を獲得して第4位で4期目の当選を果たしました。

藤本氏の得票は昨年の参院比例票比で得票率を1・26%伸ばし、得票数で153%となりました。

藤本氏は「市の基金46億円を活用して、くらし最優先の市政へ全力をあげます」と訴え、市民から「共産党がいないとチェック機能が働かないから議会に必要だ」「給食費が無償になれば助かる」など共感が広がりました。

選対は「藤本は大丈夫と激しく切り崩されている。大激戦の情勢を伝え、折り入って作戦を徹底しよう」と呼びかけました。次々と初めて支持を訴える人が増え、ある支持者は入れ替わり4人に「広げて」と頼まれるなど党と後援会は大奮闘しました。

藤本氏は再選を喜ぶ支援者を前に、「引き続き、市民の立場でスジを通す共産党議員の役割を果たし、公約実現に頑張りたい」と決意を語りました。

2023年4月25日 (火)

後半戦 日本共産党 2市1村で5氏当選 

統一地方選の後半戦の結果、山梨県で日本共産党は、2市1村で5人が当選。前回比で2議席増やしました。

Dsc_0070_20230425162301

定数32に42人が立候補した甲府市議選で、清水英知、木内直子=以上現=、内藤司朗=元=の3人全員が当選し、2議席から3議席への前進を果たしました。3人合わせた得票率で、昨年の参院比例票の得票率6・67%から7・29%へ前進することができました。

Photo_20230425162301

また、3人オーバーとなった富士吉田市議選では、秋山晃一氏が前回選挙から得票を141票伸ばし議席を奪還し、共産党の空白を克服することができました。

Photo_20230425162001

さらに、忍野村議選では、現職の天野秋弘氏が定数4人オーバーの激戦を勝ち抜き再選を果たしました。

Photo_20230425162002

自民党丸抱え候補と一騎打ちとなった南アルプス市議補選では、新人の河阪悠候補が、当選には及びませんでしたが、9294票(得票率31・1%)を獲得する大健闘でした。

日本共産党の各氏は、掲げた公約の実現に全力をあげるとともに、強く大きな党をつくり、岸田政権打倒の運動を広げ、希望ある新しい政治をつくるために全力を尽くす決意を語りました。

2023年4月22日 (土)

統一地方選後半戦 あす投票

統一地方選の後半戦は、大激戦、大接戦のままあす投票をむかえます。

日本共産党は、3市1村に6人をたて全員当選をめざしています。

甲府市(定数32、立候補42人、うち共産党3人)では、清水ひでとも、木内なおこ=以上現=、内藤しろう=元=の3候補が、1議席増をめざして奮闘しています。

富士吉田市(定数20、立候補23人、うち共産党1人)では、秋山こういち候補=元=が、4年前に失った議席の回復をめざして奮闘しています。

南アルプス市議補選(定数1,立候補2人)では、こうさか悠候補=新=が、県議選で初当選した名取泰元市議の後継として党2議席目の獲得をめざして奮闘しています。

忍野村(定数12、立候補16人、うち共産党1人)では、天野あきひろ候補=現=が現有議席の確保をめざし奮闘しています。

党と後援会は「1票を争う大激戦。『山梨は1つ』であらゆる結びつきに働きかけるとともに、全有権者規模の訴えを最後までやり抜き必ず全員当選を」と奮闘しています。

2023年4月15日 (土)

日本共産党は3市1村に6人 統一地方選後半戦

統一地方選後半戦で日本共産党は、補選を含め、16日告示の3市議選に5人、18日告示の1村議選に1人の計6人(現職3人、元職2人、新人1人)の候補者を立ててたたかいます。

甲府市(定数32)では現職の、清水ひでとも、木内なおこの両氏と元職の、内藤しろう氏が1議席増の3議席をめざし、富士吉田市(同20)では元職の、秋山こういち氏が議席の回復に挑みます。忍野村(同12)では現職の、天野あきひろ氏が現有議席の確保をめざします。南アルプス市では市議補選(同1)に新人の、こうさか悠氏が挑みます。

日本共産党は、県議選で県都甲府の議席を守り抜くとともに南アルプス市で新たに議席を獲得し、16年ぶりに2議席となりました。党県委員会は「日本共産党が伸びれば暮らしを守り、平和を守る力が強く大きくなる。県議2議席への前進に続き、後半戦でも前進させてください」と攻勢的に訴え、全員勝利に実らせようと呼びかけています。

甲府市では10人オーバー、富士吉田市は3人オーバー、忍野村は4人オーバーの大激戦となっています。党と後援会は「党議員の実績と政策が届けば支持は広がる。1票を争う激しさと厳しさを伝え『折り入って』と担い手を思い切って広げ勝利をつかもう」と奮闘しています。

県議選結果 日本共産党は2議席に躍進

2_20230415104501 3_20230415105201

山梨県議選(定数37)は、甲府市区(定数9)と南アルプス市区(定数3)で無投票となり、日本共産党の菅野幹子氏と名取泰氏がそれぞれ初当選を果たしました。県議会での日本共産党の2議席は16年ぶりとなります。

両氏は当選が決まった後、集まった支持者にそれぞれあいさつ。

Dsc_0684-2

菅野氏は「小越さんから議席を引き継ぐことができて本当に良かったです。そしてここからがスタートです。気持ちを新たに頑張ります」と決意を語りました。

Kz6_9182-2

名取氏は「選挙戦を通じて『暮らしを守ってほしい』との声がたくさん寄せられました。公約実現へ全力を尽くします」と決意を語りました。

自民党は前回より1人上回る23人を推薦・公認しましたが、現職2人が落選し、21人が当選。5人を公認・推薦した立憲民主党は、現職4人が当選し1減となりました。公明党は、現有1議席を維持しました。無所属は9人。投票率は47・24%で過去最低となりました。

2023年1月24日 (火)

木下氏が4選 市民から共感 中央市議選結果

Dsc_0310

22日2日投開票された山梨県中央市議選(定数18、立候補21人)では、木下友貴氏(39)=現=が3人オーバーの激戦のなか、535票を獲得して14位で4期目の当選を果たしました。得票を昨年の参院比例票比で110%に伸ばしました。

選挙戦で木下氏は、岸田政権の大軍拡・大増税に反対する立場を鮮明に「平和の願いを共産党へ、中央市から審判を下しましょう」と訴え。コロナ・物価高で市民生活が苦しくなるなか、4月以降の学校給食費の無償化継続、国保税・介護保険料の引き下げ、温泉施設の継続などを公約に掲げました。

市民から「給食費無料は助かっている」「温泉施設をぜひ継続してほしい」など共感が広がりました。

当選の知らせを受け木下氏は「これからも新しい議会に市民の声をまっすぐ届け、公約実現にがんばります」と決意を語りました。

定数削減のなか、川田氏が3選 上野原市議選結果

Tousenb

22日投開票された山梨県上野原市議選(定数14、2減、立候補18人)では、川田好博氏(74)=現=が、定数が2減らされ4人オーバーの激戦のなか、748票を獲得して10位で3期目の当選を果たしました。得票を昨年の参院比例票比で125%に伸ばしました。

選挙戦で川田氏は「物価高・コロナ禍だからこそ市民を応援する市政実現のために市民の願いを届けてきた共産党が議会にはどうしても必要です」と訴え、小中学校全学年への給食費無料化や国保税・介護保険料の負担軽減などを公約に掲げました。

「市民の立場で頑張れる議員がいないと困る」「税金のムダ遣いをチェックできるのは共産党だけだ」と市民に共感が広がりました。

川田氏は「市民と力を合わせて公約実現に全力を尽くします」と決意を述べました。

甲府市長選 早田氏及ばず

甲府市長選が22日投開票され、日本共産党の早田記史候補(39)=新=は、6464票(9・4%)を獲得しましたが及びませんでした。当選は無所属で現職の樋口雄一氏でした。

早田氏は「国にはっきりものを言い、くらし最優先の市政の実現を」訴え、市民から「140億円も基金があるなら市民に回してほしい」「給食が無料になれば助かる人がいっぱいいる」など共感が寄せられました。

結果を受けて早田氏は、公約に掲げた学校給食費の無料化や国保料・介護保険料の引き下げ、水道料金の引き下げなどを求めることで、子育て支援の充実や市民負担の軽減、地域の中小業者の仕事おこしなどを進めると述べ、引き続き活動する決意を語りました。

知事選 倉嶋氏及ばず「共闘つなぐ」

22日投開票された知事選で、「#いのち、くらし!オール山梨」の倉嶋清次候補(74)=新=は、29195票(8・3%)を獲得しましたが及びませんでした。当選は現職の長崎幸太郎氏(54)=自民、公明推薦=でした。

倉嶋氏は、日本共産党や社会民主党、れいわ新選組など県内5野党・会派が支持し「くらし福祉に冷たい県政から、国にはっきり物を言い平和を守り命とくらし守る県政への転換」を訴えました。

倉嶋氏が掲げた公約に県民から「安心して子育てできるように給食費無料化や保育士の拡充をぜひ」「空港建設のような富裕層呼び込み政策でなく、コロナで苦しんでいる人を助けてほしい」などの期待や共感が広がりました。

倉嶋氏は「残念な結果だが、市民と野党の共闘の体制をつくってたたかったことは、かけがえのない宝物で山梨の政治に歴史的な選挙戦となった。次につなげていきたい」と決意を語りました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ