2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 食料自給率向上、国の責任で 新婦人がJAと懇談 | トップページ | 公平な税の仕組みに 3・13重税反対山梨県集会 »

2024年3月22日 (金)

女性差別撤廃条約選択議定書の批准求め意見書採択 甲府市議会


甲府市議会は12日、「女性差別撤廃条約選択議定書の速やかな批准を求める意見書」を日本政府に提出する請願を賛成多数で採択しました。日本共産党の3人を含む、30人が賛成、反対は1人でした。県内の自治体で採択は初めて。

賛成討論で共産党の内藤司朗議員は「選択議定書が批准されれば、司法は条約を裁判に適用する、国会では差別撤廃の法整備が進む、地方自治体は差別を受けた人の救済の方策をとることになる。あらゆる分野でジェンダー平等が求められているいま、地方から意見書をあげていく意義は大きい」と訴えました。

また、同時に提出されていた「加齢性難聴者の補聴器購入への助成制度の実施に関する意見書」も全会一致で採択されました。一方「マイナ保険証の運用の中止を求める請願」は、共産党の清水英知議員が賛成討論を行いましたが、反対多数で否決されました。

« 食料自給率向上、国の責任で 新婦人がJAと懇談 | トップページ | 公平な税の仕組みに 3・13重税反対山梨県集会 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食料自給率向上、国の責任で 新婦人がJAと懇談 | トップページ | 公平な税の仕組みに 3・13重税反対山梨県集会 »

無料ブログはココログ