2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 不記載問題 政治責任を 名取県議が一般質問 | トップページ | 議定書批准運動強めよう 女性差別撤廃条約講演会 »

2024年3月 8日 (金)

知事は説明責任果たせ 不記載問題を考える集会

Dsc_0064

長崎幸太郎知事が代表を務める政治資金管理団体の収支報告書不記載問題を考える集会が1日、甲府市で開かれました。長崎知事を政治資金規正法違反の疑いで刑事告発した市民グループが呼びかけたもので、約30人が参加しました。

グループの山本大志代表は、告発状が先月29日に甲府地検から東京地検に回付されたと述べ、甲府地検から「政治案件であり、適正に処理できる東京地検に回した」と説明があったことを明らかにしました。

雨松拓真弁護士が告発状ついて「知事は1182万円を受け取ったと認め、あえて記載しないということは明らかに不記載罪が成立する。いつ、どこで、誰からもらったかを解明しないと本質に迫れない。真相解明を求める声を広げよう」と強調しました。

県議会でこの問題を追及した日本共産党の名取泰、菅野幹子両県議と立憲民主党の飯島修県議が発言し、引き続き徹底解明を求めていくと表明しました。無所属の志村直毅県議もメッセージを寄せました。

市民3人が発言し「知事に説明責任を果たさせる世論を広げるために力を合わせよう」と訴えました。

« 不記載問題 政治責任を 名取県議が一般質問 | トップページ | 議定書批准運動強めよう 女性差別撤廃条約講演会 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不記載問題 政治責任を 名取県議が一般質問 | トップページ | 議定書批准運動強めよう 女性差別撤廃条約講演会 »

無料ブログはココログ