2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「親に負担かけたくない」 食料支援に学生150人 | トップページ | 物価高 県民支援を 党県委が知事に予算要望 »

2023年12月26日 (火)

医学生奨学金の違約金を削除せよ 名取県議求める

2_20231226170101

県議会は最終日の18日、2023年度一般会計補正予算などを可決し、閉会しました。日本共産党の名取泰県議が反対討論に立ち、医学生奨学金の違約金条項の撤回を求めました。

名取氏は、補正予算に計上された地域枠の医学生奨学金の違約金に関わる訴訟費について「最大で2340万円もの高額な違約金の一括返済を求めているのは全国で山梨県のみだ。様々な事情から人生の歩みを修正せざるを得ない若者の未来を閉ざすことになりかねない」と批判し、違約金条項を削除するよう求めました。

県の医学生奨学金制度は、地域枠の学生全員が受け取ることを条件とし、卒業後の9年間、県内の特定公立病院等で就労することで、返済を免除します。契約書では就労期間が9年間に達しなければ、奨学金に10%の利息を付け、さらに違約金を課していることから、特定適格消費者団体「消費者機構日本」から「高額な違約金は無効だ」と先月、甲府地裁に提訴されました。

県は、共産党の菅野幹子県議の一般質問に「地域医療を守る観点から撤回は考えていない」と答弁しています。

« 「親に負担かけたくない」 食料支援に学生150人 | トップページ | 物価高 県民支援を 党県委が知事に予算要望 »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「親に負担かけたくない」 食料支援に学生150人 | トップページ | 物価高 県民支援を 党県委が知事に予算要望 »

無料ブログはココログ