2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 重度障害者医療費 窓口無料の復活を 県に署名提出 | トップページ | 助け合い協力する 党県委が救援募金訴え »

2023年12月26日 (火)

政治資金収入不記載の説明を 共産党県委が知事に質問書

Dsc_0204_20231226184901

長崎幸太郎知事が代表を務める政治団体「ふるさと創生支部」の収支報告書に収入の不記載があったことがわかり、日本共産党山梨県委員会(花田仁委員長)と県議団(名取泰、菅野幹子両県議)は25日、長崎知事に説明を求める質問書を提出しました。

質問書は①2022年度に自由民主党山梨県連合会から支出された「ふるさと創生支部」への寄付・交付金300万円の収入の記載がない②同年12月、同支部から30万円の寄付・交付金が支出された自民党県議が代表を務める市町村の自民党10支部のうち、三つの支部には収入の記載がない③同じく寄付・交付金のうち、二つの支部は収入が30万円でなく20万円としか記載されていないーの説明を求めました。

さらに、ふるさと創生支部からの県内の自民党支部(53支部)への寄付・交付金は長崎幸太郎後援会500万円を含め、総額1170万円にのぼり、交付の直後(今年1月)に知事選挙が実施されています。21年分、20年分の収支報告書にはそうした支部交付金支出の記載は見あたらないことから、この年だけ交付した説明を求めました。

知事は12月議会で共産党県議団の質問に、自民党の派閥パーティー券1000万円のキックバックを認めていて、ふるさと創生支部は知事の資金管理団体「日本金融経済研究フォーラム21」から1000万円の寄付を受け取っています。

花田氏は「政治資金規正法では不記載には罰則を設けており、今回指摘した不記載についても説明すべきだ。県の事業を請け負っている企業・団体が知事の政治資金パーティー券を購入していないかなども含め、説明を求めていきたい」と語りました。

« 重度障害者医療費 窓口無料の復活を 県に署名提出 | トップページ | 助け合い協力する 党県委が救援募金訴え »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 重度障害者医療費 窓口無料の復活を 県に署名提出 | トップページ | 助け合い協力する 党県委が救援募金訴え »

無料ブログはココログ