2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 富士登山鉄道は非現実的 党県議団がバス会社から聞き取り | トップページ | 不正義正す党に入って 緒方副委員長招き甲府で集い »

2023年9月 4日 (月)

世論の力で人権尊重を 山梨県母親大会開く

Dsc_0341

第66回山梨県母親大会(戸田延子実行委員長)が8月27日、甲府市で開かれ、約100人が参加しました。冤罪(えんざい)犠牲者の会共同代表の青木恵子さんが「法治国家日本で冤罪と闘って」をテーマに記念講演しました。

青木さんは、大阪市で1995年に発生した小学6年の女児が焼死した火災事故とそれに伴う冤罪事件当事者。殺人罪で無期懲役刑となりましたが、一貫して無実を主張し再審で無罪が確定ました。

青木さんは、警察での不当な取り調べや裁判闘争、再審に至る経緯を語り「つらくても支援者が増えてたたかう力が湧いてきた。冤罪は本人と家族の人生を狂わせてしまう。冤罪をなくすために今度は支援する側でたたかい、再審法の改正のために協力して世論の声を大きくしたい」と語りました。

参加した甲府市の60代の女性は「公正な裁判とするために人権を守るルールが必要だと思った」と話しました。

大会は、医療・介護、大軍拡とくらし、子どものたちのテーマで分科会を開き▽憲法に基づいて人権を保障させよう▽大軍拡・大増税に署名行動などで反対しよう▽教育予算を増やそうーなどを確認しました。

« 富士登山鉄道は非現実的 党県議団がバス会社から聞き取り | トップページ | 不正義正す党に入って 緒方副委員長招き甲府で集い »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士登山鉄道は非現実的 党県議団がバス会社から聞き取り | トップページ | 不正義正す党に入って 緒方副委員長招き甲府で集い »

無料ブログはココログ