2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 1万6千羽の折り鶴展示 国民平和大行進が山梨入り | トップページ | 告発・大軍拡 北富士演習場「海外派兵」の訓練場 »

2023年7月26日 (水)

総選挙で共産党躍進を はたの比例候補が山梨市でつどい

Dsc_0438_20230726100701

日本共産党のはたの君枝衆院南関東ブロック比例候補は20日、山梨市と富士吉田市で「つどい」を開き、総選挙で党躍進を訴えました。

山梨市では18人が参加。はたの氏は、国会議員になった時から一貫して、少人数学級の実現に力を尽くしてきたことを紹介したうえで、岸田政権がアメリカいいなりに軍事費を年間5兆円増やそうとしていることを批判。「物価高騰やコロナで大変ななか、5兆円をくらしに回せと提案していきたい」と強調しました。

101周年を迎えた共産党は国民が主人公、平和のための活動を貫いてきたと述べ「総選挙で共産党を躍進させてください」と訴えました。

参加者から「年金制度を公平にしてほしい」「志位和夫委員長の手紙に感動。自分でかいたのか」「インボイス制度をどう考えたらいいか」「少人数学級はいいが、教員が足りない現状をどうするのか」などの質問が出され、はたの氏は「教育や福祉など人が関わる予算を増やすよう予算の使い方を変えることを求めていく」などと疑問に丁寧に答え「ご一緒に政治を変えましょう」と入党を呼びかけました。

糠信平市議が議会報告を行い「これからも市民の声を届け願い実現に全力を尽くします」と訴えました。

« 1万6千羽の折り鶴展示 国民平和大行進が山梨入り | トップページ | 告発・大軍拡 北富士演習場「海外派兵」の訓練場 »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1万6千羽の折り鶴展示 国民平和大行進が山梨入り | トップページ | 告発・大軍拡 北富士演習場「海外派兵」の訓練場 »

無料ブログはココログ