2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« くらし・福祉最優先へ 菅野県議、県政転換求める | トップページ | 統一戦線の懸け橋に 山梨革新懇が総会 »

2023年7月 8日 (土)

大月市議選 藤本実氏が議席守る

Img_0876

2日投開票された大月市議選(定数14、立候補16人)で、日本共産党の藤本実氏(54)=現=は1013票を獲得して第4位で4期目の当選を果たしました。

藤本氏の得票は昨年の参院比例票比で得票率を1・26%伸ばし、得票数で153%となりました。

藤本氏は「市の基金46億円を活用して、くらし最優先の市政へ全力をあげます」と訴え、市民から「共産党がいないとチェック機能が働かないから議会に必要だ」「給食費が無償になれば助かる」など共感が広がりました。

選対は「藤本は大丈夫と激しく切り崩されている。大激戦の情勢を伝え、折り入って作戦を徹底しよう」と呼びかけました。次々と初めて支持を訴える人が増え、ある支持者は入れ替わり4人に「広げて」と頼まれるなど党と後援会は大奮闘しました。

藤本氏は再選を喜ぶ支援者を前に、「引き続き、市民の立場でスジを通す共産党議員の役割を果たし、公約実現に頑張りたい」と決意を語りました。

« くらし・福祉最優先へ 菅野県議、県政転換求める | トップページ | 統一戦線の懸け橋に 山梨革新懇が総会 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« くらし・福祉最優先へ 菅野県議、県政転換求める | トップページ | 統一戦線の懸け橋に 山梨革新懇が総会 »

無料ブログはココログ