2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 統一地方選後半戦 あす投票 | トップページ | 経済的理由で手遅れ死亡 山梨民医連「昨年5人」 »

2023年4月25日 (火)

後半戦 日本共産党 2市1村で5氏当選 

統一地方選の後半戦の結果、山梨県で日本共産党は、2市1村で5人が当選。前回比で2議席増やしました。

Dsc_0070_20230425162301

定数32に42人が立候補した甲府市議選で、清水英知、木内直子=以上現=、内藤司朗=元=の3人全員が当選し、2議席から3議席への前進を果たしました。3人合わせた得票率で、昨年の参院比例票の得票率6・67%から7・29%へ前進することができました。

Photo_20230425162301

また、3人オーバーとなった富士吉田市議選では、秋山晃一氏が前回選挙から得票を141票伸ばし議席を奪還し、共産党の空白を克服することができました。

Photo_20230425162001

さらに、忍野村議選では、現職の天野秋弘氏が定数4人オーバーの激戦を勝ち抜き再選を果たしました。

Photo_20230425162002

自民党丸抱え候補と一騎打ちとなった南アルプス市議補選では、新人の河阪悠候補が、当選には及びませんでしたが、9294票(得票率31・1%)を獲得する大健闘でした。

日本共産党の各氏は、掲げた公約の実現に全力をあげるとともに、強く大きな党をつくり、岸田政権打倒の運動を広げ、希望ある新しい政治をつくるために全力を尽くす決意を語りました。

« 統一地方選後半戦 あす投票 | トップページ | 経済的理由で手遅れ死亡 山梨民医連「昨年5人」 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 統一地方選後半戦 あす投票 | トップページ | 経済的理由で手遅れ死亡 山梨民医連「昨年5人」 »

無料ブログはココログ