2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 民青学生支援「続けて」の声 都留市 | トップページ | 議席回復へ 富士吉田市議選 秋山氏が全力 »

2023年4月15日 (土)

くらし守る議席 1増を 甲府市議選16日告示

Kz6_7844-2

甲府市議選(定数32)で、日本共産党と後援会は、清水ひでとも、木内なおこ=いずれも現=、内藤しろう=元=の3人全員当選で1議席増へ全力をあげています。

選挙戦は、現職25、元職2、新人15人の42人が立候補を予定し、10人はみだしの多数激戦の様相です。

市議会は昨年12月議会で「物価高騰の中、増税や負担増の中止を求める請願」を「防衛力強化は欠かせない」などと自民・公明など27人の反対で不採択。共産党は岸田政権の大軍拡・大増税に正面から対決し、消費税減税や社会保障の充実など市民の立場で国の悪政にものを言ってきました。市民と力を合わせ、高校3年生までの医療費無料化の実現などに力を尽くしてきました。

3候補は、学校給食費無料化、国保税・介護保険料の引き下げ、補聴器購入の助成などの公約を掲げ、県議選甲府市区で初当選した菅野幹子県議とともに議会内外で連携して活動すると訴えています。

市民から「給食費無料いいですね」「戦争になりそうで怖い。共産党に頑張ってほしい」と共感と期待が広がっています。党と後援会は「新人の多数立候補で激しい支持争奪戦となっている。必ず3議席を確保して、暮らしを守り、平和を守る力を大きくしよう」と奮闘しています。

« 民青学生支援「続けて」の声 都留市 | トップページ | 議席回復へ 富士吉田市議選 秋山氏が全力 »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 民青学生支援「続けて」の声 都留市 | トップページ | 議席回復へ 富士吉田市議選 秋山氏が全力 »

無料ブログはココログ