2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 米軍機空中給油に反対 甲府市平和委が市長に要請 | トップページ | 町民切り捨てを批判 市川三郷町議選 一瀬氏が訴え »

2022年9月21日 (水)

弁護士費用返還訴訟第4回弁論 甲府地裁

山梨県が富士急行に貸し付けている県有地の賃料をめぐる訴訟に関連して、長崎幸太郎知事が弁護士費用約2億1千万円を支払ったことは「違法」として住民56人が知事と弁護士に全額返還を求めた住民訴訟の第4回口頭弁論が13日、甲府地裁で行われ、原告は第2準備書面を提出しました。

原告代理人の加藤英輔弁護士は「行政契約の公共性からみて、訴訟によって県が得られる経済的利益が不確定で検討が不十分だとして着手金1億4300万円は過大である」と指摘しました。

さらに「これまでの賃料を適性としていたものを現況価格で算定した結果、いままでの賃借契約が無効という県の政策変更とそれの伴う対応はあまりに不適切。富士急側との交渉など適正な価格に近付ける努力もなく、弁護士費用の賠償を求めると主張した」と語りました。

また、弁護士費用のうち調査検証業務6600万円の返還について、別の住民が起こした訴訟と重なるため取り下げが認められたことが報告されました。

« 米軍機空中給油に反対 甲府市平和委が市長に要請 | トップページ | 町民切り捨てを批判 市川三郷町議選 一瀬氏が訴え »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米軍機空中給油に反対 甲府市平和委が市長に要請 | トップページ | 町民切り捨てを批判 市川三郷町議選 一瀬氏が訴え »

無料ブログはココログ