2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 保育園 オムツ処理費の補助を 新婦人が県に要望 | トップページ | 最賃引き上げ 国に求めよ 山梨県労が知事に要請 »

2021年11月16日 (火)

甲州市議選 佐藤氏が当選 暮らし守るに共感

Dscf0289

14日投開票された山梨県甲州市議選(定数17、立候補20人)で、日本共産党は、佐藤浩美候補(64)=新=が1070票を獲得し、第6位で当選、現有議席を確保しました。投票率が2013年選挙(前回は無投票)より6・98ポイント下がるなか、得票数・得票率とも増やしました。10月31日投票の衆院比例票比では120%に伸ばしました。

選挙戦で佐藤氏は「コロナ禍だからこそ命と暮らし最優先の政治を」と訴え、市民から「今の政治に疑問。共産党の主張に共感」「年金が減って大変。苦しい生活に寄り添ってくれる共産党議員を応援する」「議会に共産党の議員がいなければ緊張感がなくなる」などの共感が広がりました。

佐藤氏は「市民のみなさんから『暮らしを守って』の願いが強く寄せられた。市民の声をまっすぐ届け、PCR検査の拡大、国保税・介護保険料の引き下げなど掲げた公約実現へ全力をつくします」と決意を述べました。

« 保育園 オムツ処理費の補助を 新婦人が県に要望 | トップページ | 最賃引き上げ 国に求めよ 山梨県労が知事に要請 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保育園 オムツ処理費の補助を 新婦人が県に要望 | トップページ | 最賃引き上げ 国に求めよ 山梨県労が知事に要請 »

無料ブログはココログ