2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 首都圏いっせい宣伝 青年らと対話 | トップページ | くらし福祉を支える予算を 小越県議が反対討論 山梨県議会 »

2019年7月 6日 (土)

藤本氏が5位当選 大月市議選

0630

6月30日投開票された山梨県大月市議選(定数14、立候補15人)で、日本共産党の藤本実氏(50)=現=は1248票を獲得して5位で当選、現有議席を守りました。

前回選挙から得票率で0・22ポイント上回り、衆院比例票比で119%に伸ばしました。

藤本氏は、「消費税増税中止、くらし・子育て・平和への願いを共産党に託してください」と訴え。市民とともに、国保税1人1万円の引き下げや高校3年生までの医療費無料化を実現したことを知らせながら、介護保険料・利用料の軽減、小中学校の給食費の無料化、交通弱者の移動手段の確保などを公約に掲げ、支持を広げました。

藤本氏は再選を喜ぶ大勢の支援者を前に、「引き続き、市民の立場でスジを通す共産党議員の役割を果たし、公約実現に頑張りたい」と決意を語りました。

« 首都圏いっせい宣伝 青年らと対話 | トップページ | くらし福祉を支える予算を 小越県議が反対討論 山梨県議会 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 首都圏いっせい宣伝 青年らと対話 | トップページ | くらし福祉を支える予算を 小越県議が反対討論 山梨県議会 »

無料ブログはココログ