2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 北杜市で演説会 田村参院議員が訴え | トップページ | 中部横断道計画 田村議員が現地視察 »

2012年10月16日 (火)

大型施設よりくらし応援を 笛吹市議選 党2候補第一声

Dsc_0038s

Dsc_0107s

笛吹市議選(定数21、3減)が10月14日(21日投票)され、4人オーバーの25人が立候補しました。日本共産党のかめやま和子(68)、渡辺まさひで(63)=ともに現=の両候補は現有2議席の絶対確保へ、小越智子県議らの応援をうけて第一声をあげました。

立候補の内訳は、現職15、元職1、新人9で、党派別には、共産党1、公明党3(すべて現)のほかは、無所属です。

両候補は、小中学校へのクーラー設置や、小学校6年生までの医療費無料化を提案して実現してきた実績を紹介。建設費に45億円もかかる大型複合施設・多機能アリーナ建設計画について、建設の是非を問う住民投票を求めた1万2千以上の署名を無視(否決)した公明党など市議会他会派を批判しました。

両候補は「ムダなアリーナ建設よりも、国保税引き下げや特別養護老人ホームの増設など、くらしや福祉応援を」と訴え。「『アリーナ建設の是非は改めて住民投票で』の運動をご一緒に大きく広げましょう」と支援を呼びかけました。

« 北杜市で演説会 田村参院議員が訴え | トップページ | 中部横断道計画 田村議員が現地視察 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大型施設よりくらし応援を 笛吹市議選 党2候補第一声:

« 北杜市で演説会 田村参院議員が訴え | トップページ | 中部横断道計画 田村議員が現地視察 »

無料ブログはココログ