2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 北富士演習場の米海兵隊による沖縄県道104号線越え実弾砲撃訓練に反対する申し入れ | トップページ | 山梨県労が最低賃金答申に異議申出 »

2012年8月21日 (火)

笛吹市で党演説会 田村、畑野氏ら訴え

Dsc_0064s

日本共産党郡内東八西八地区委員会は8月19日夜、笛吹市八代町で党演説会を開き、田村智子参院議員、畑野君枝衆院南関東比例候補らが総選挙と笛吹市議選(10月21日投票)への支援を訴えました。

田村氏は、日本共産党が国会論戦で消費税増税勢力を追いつめ、「増税法案の採決をさせない」1点で野党7党が共同して不信任決議案を提出したことなど党が果たした役割を、自身の国会質問を紹介しながら説明。「国政でも地方政治でも、選挙で大きく伸びてこそ、いっそう大きな力を発揮できます」と述べ「消費税増税を実施させないためにも市議選、衆院選での力強いご支援を」と訴えました。

畑野氏は、尖閣諸島問題について「日本の領有は歴史的にも国際法上も正当」と主張する党の見解(2010年10月)を紹介し、「日本政府は、冷静に理を尽くして領有の正当性を堂々と主張すべきです」と強調。竹島問題でも「冷静な外交交渉で解決を」と述べました。

笛吹市議選(定数21、3減)に立候補する渡辺まさひで(63)、かめやま和子(67)両市議が「市民の声がまっすぐ届く議会、市政をつくります」と訴えました。

« 北富士演習場の米海兵隊による沖縄県道104号線越え実弾砲撃訓練に反対する申し入れ | トップページ | 山梨県労が最低賃金答申に異議申出 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹市で党演説会 田村、畑野氏ら訴え:

« 北富士演習場の米海兵隊による沖縄県道104号線越え実弾砲撃訓練に反対する申し入れ | トップページ | 山梨県労が最低賃金答申に異議申出 »

無料ブログはココログ