May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

活動紹介

03/11/2019

#みらいにきぼうをここから すがの幹子

https://www.youtube.com/watch?v=Fy9BnTYEzkw#みらいにきぼうをここから

県議選で共産党の2議席目に挑戦する すがの幹子の

プロモーションビデオ(1分30秒)ができました。

「今やらなければならないという思いで」

「一人ひとりが大切にされる社会めざす」

「わたしのこれまでとこれから」をギュッと凝縮した

下線部をクリックすれば見ることができます。

ぜひご覧ください!

03/09/2019

県議2議席・市議4議席必ず 市田副委員長が訴え 甲府演説会

Itidazenntai

日本共産党甲府・東山地区委員会は7日、市田忠義副委員長・参院議員を迎えて甲府市で演説会を開き、会場いっぱいの参加者で熱気に包まれました。

県議選甲府市区(定数9)で2議席をめざす、こごし智子県議、すがの幹子県議候補が決意表明。甲府市議会で1議席増の4議席をめざす、内藤しろう、清水ひでとも、木内なおこの3市議と長坂まさはる市議候補も決意表明しました。

こごし氏は、安倍政権直結の知事から「暮らしを守る防波堤となる2議席を必ず実現させてください」と訴えました。すがの氏は、子どもの医療費助成制度の拡充など「子育てを支える県政に全力を尽くします」と決意を語りました。

Itidabannzai

市田氏は、国政の問題に触れ、「参院選を安倍政権サヨナラの選挙に」と訴えました。

山梨県がリニアに便乗した巨大開発をすすめ、住民福祉に冷たい予算の使い方をする県政を批判しました。

市田氏は、オール与党の県議会で、こごし県議が1人でも重度障害児の医療費窓口無料の復活や県議の海外視察をやめさせた実績を語り、「県民にとって光り輝く宝の議席だ」と強調。2議席になれば「県民のくらしを守る力が2倍になる。参院選で市民と野党の共闘勝利と党躍進の土台となる」と訴えました。

しいばかずゆき参院比例候補、宮内げん参院山梨選挙区候補も訴え、立憲民主党の宮沢由佳参院議員から連帯のメッセージが寄せられました。

国保料引き下げ要求 山梨県議会 小越氏が質問

Kogosi

2月定例山梨県議会で7日、日本共産党の小越智子県議が一般質問し、消費税増税や憲法改正について長崎幸太郎知事の政治姿勢をただしました。

小越氏は「賃金も消費も低迷する中、低所得者に重い負担を強いる消費税増税をすべきでない」と主張。知事の見解をただしました。

長崎知事は答弁に立たず、平賀太裕総合政策部長が「増税は安定財源確保に必要」と肯定しました。

憲法改正について長崎知事は「国会で議論するもの」と述べるにとどまりました。小越氏の自衛隊の募集についての質問に、若林一紀防災局長は対象者の情報を提供していることを明らかにしました。

また、小越氏が重度障害者の医療費助成制度の窓口無料の復活を求めたことに対し、小島徹福祉保健部長は「制度を維持するため」と従来の答弁を繰り返しました。

小越氏は、県の財政支援で国民健康保険料の引き下げを求めるとともに、保険料滞納で保険証が届かない「保険証の留め置き」の対応を求めました。

福祉保健部長が「留め置きは県内で約3千件」と答弁したため、小越氏は「留め置きを放置すれば保険証がなくて病院にかかれず亡くなるケースもある」と厳しく追及しました。

家計応援の予算を 甲府市議会 内藤議員代表質問

Photo

甲府市議会で4日、日本共産党の内藤司朗市議が代表質問に立ち、樋口雄一市長に対し、来年度予算案について市民要求の実現を求めました。

内藤氏は予算案には「リニア関連事業の推進、民生分野では国の社会保障抑制をほぼ踏襲するなど問題点がある」と指摘。「予算案は、直接家計を応援する施策、国の削った福祉への手当、子育て支援、子どもの貧困対策の分野でさらなる市民優先の予算を組むべきだ」と主張し、学校給食費の無償化や18歳までの医療費無料制度などの実現を求めました。

樋口市長は「市民福祉のより一層の充実を図る」としながら、内藤氏の提案に答弁しませんでした。

また、内藤氏が繰り返し求めてきた防災・減災対策の充実について、危険な民有地のブロック塀の耐震改修等に20万円を限度に補助する制度や洪水ハザードマップの改定、帰宅困難者の受け入れ体制と備蓄の増加などの事業を進めていることが答弁されました。

その他、教員の多忙化の解消のために、長時間労働を是正すること、市営住宅の駐車場整備に伴う有料化について撤回を求めました。

02/28/2019

市田忠義副委員長が来甲!日本共産党演説会開催

000ichida2_2

日本共産党甲府・東山地区委員会は、来る3月7日(木)午後6時30分より、党副委員長の市田忠義参院議員を迎えて、演説会を開きます。

統計不正、消費税10%、9条改憲…ウソとごまかしの強権政治はひどくなるばかりです。こんな政治は一日も早く終わらせましょう。

市田副委員長は、国政から県政について縦横に語るとともに、希望ある未来へ「日本共産党はどんな党か」についてもお話します。ぜひ、お気軽にご参加ください。


日本共産党演説会

とき 3月7日(木)午後6時30分 

ところ ジット甲府プラザ(甲府市高畑2‐19‐2)

弁士 党副委員長(参院議員)  市田忠義

―私たちもお話します―

参院比例候補 しいばかずゆき  参院山梨選挙区予定候補 宮内げん  県議  こごし智子  県議予定候補 すがの幹子  甲府市議 内藤しろう  甲府市議 清水ひでとも  甲府市議 木内なおこ  甲府市議予定候補 長坂まさはる

02/27/2019

増税はきっぱりやめよ しいば参院比例候補が訴え

Siiba

南関東ブロックいっせい宣伝が行われた15日、日本共産党のしいばかずゆき参院比例候補が山梨県入りし、大月市、都留市、富士吉田市で統一地方選と参院選の共産党躍進を訴えました。

都留市の大型量販店前では、統一地方選の都留市議選(定数16)で3期目をめざす板倉保秋市議とともに訴えました。板倉氏は「市民の切実な声を届け、介護保険料や国保税の引き下げに全力を尽くします。暮らしを守る市政実現に再び議会に送り出してください」と訴えました。

しいば氏は、国会質疑を通じて、「安倍首相の消費税増税の根拠が総崩れになっている」と指摘し「今年10月からの10%増税はきっぱり中止すべきだ」と強調しました。

買い物途中に演説を聞いた男性(80)は「安倍首相はどうしようもない。年金生活で消費税は苦しい。共産党が伸びて増税を止めてほしい」と話しました。

12/26/2018

18歳まで医療費無料に 来年4月から韮崎市、上野原市が実施

韮崎市は12月議会で、来年4月から子どもの医療費無料を18歳まで年齢拡大することを決めました。

日本共産党の渡辺吉基市議は一般質問(18日)で「子育て支援の充実には、早急に医療費助成を高校3年生まで拡大することが喫緊の課題です」と求めました。市は基本計画で年齢拡大を方針としていましたが、実施を来年4月と表明しました。

子どもの医療費窓口無料は、県内27市町村すべてですでに中学3年生まで無料となっており、18歳まで年齢拡大する自治体が広がっています。来年4月から実施の上野原市と合わせ4市6町5村となりました。入院のみ18歳まで無料としている甲州市、甲斐市を加えると17自治体となり、6割を超える自治体まで広がりました。

日本共産党の地方議員は住民運動と協力して医療費助成の年齢拡大を繰り返し議会で求めてきました。

12/22/2018

宮内げん参院山梨選挙区候補が訴え 南関東ブロックいっせい宣伝

Isseisenndenn

来年の参院選と統一地方選での日本共産党の躍進を訴える「いっせい宣伝」が21日に行われ、宮内げん参院山梨選挙区候補、こごし智子県議、すがの幹子県議候補が甲府市内5か所で宣伝しました。

宮内氏は、安倍政権が国民の声を無視して、入管法改正の強行採決や沖縄県の辺野古新基地建設を強行していることを厳しく批判。「参院選で与党を少数に追い込み、まともな政治を取り戻しましょう」と訴えました。

こごし氏は「市民と力を合わせ、大型開発を進める県政からくらし福祉を守る県政へ全力を尽くします」と訴え、すがの氏は「子育てを支える県政に、9条生かし平和な日本にするために頑張ります」と語りました。

散歩中に演説を聞いた60代の男性は「安倍はダメだ。兵器をあんなに買って借金が増えれば若い人が大変になる。今度は共産党にいれる」と話しました。

12/18/2018

樋口市長の政治姿勢ただす 甲府市議会 清水市議代表質問

甲府市議会で10日、日本共産党の清水英知市議が代表質問に立ち、憲法改正について樋口雄一市長の政治姿勢をただしました。清水氏は「改憲を狙う安倍首相の言動は憲法擁護義務を踏みにじるものであり、世論調査でも国民は改憲を望んでいない」と指摘し「改憲は断念すべき」と強調しました。

樋口市長は「現行憲法は戦後日本の繁栄と平和に大きく貢献」としながら「国政の場で慎重かつ冷静な議論を尽くす」と、立場は明らかにしませんでした。

国保料の滞納について清水氏は、「滞納が続いた場合でも、18歳以下の子どもには短期被保険証を届けること」を求めました。

塚原工市民部長は、対象の子どもが148人いることを明らかにし「郵送も含め、迅速な対応をはかる」と答えました。

清水氏は「県社保協の調査で保険証が見渡しになっている子どもの数は、県内のほとんどの市町村でゼロだ」と述べ、直ちに届けることを強く求めました。

また、清水氏は「消費税増税は、市民生活や地域経済に大きな打撃を与える。市長として反対の意思を表明すべき」と迫りました。

中村好伸企画部長は、増税の目的を正当化したうえで、財政への影響が約3億円の歳出超過となる見通しを明らかにしました。

12/14/2018

巨額開発推進を批判 小越議員 決算認定に反対討論

県議会が3日開会し、日本共産党の小越智子県議が2017年度一般会計・特別会計の決算認定への反対討論を行いました。

小越氏は、後藤斎知事が「リニア開業まであと年として、リニア依存の県政運営にシフトしている」と指摘。リニア沿線住民の騒音不安に県としての対応を示さず、リニア駅周辺整備や総合球技場の建設などは「費用も収支予測も説明せず、建設ありきの推進だ」と批判しました。

小越氏は、「山梨県の財政調整基金は運用益を加えて、前年度とほぼ同額の231億円。県債管理基金、公共施設整備等事業基金と合わせ、884億円にのぼり、県民一人あたりにすれば全国上位となる多さだ。巨額な基金をため込む必要があるのか」と指摘。

一方で、保育園待機児童が年度途中に発生しても県は〝待機児童ゼロ〟としていることや、窓口無料制度の廃止で受診が減り、重度障害者が医療費助成を受けられない事態になっている問題をただしました。

小越氏は、巨額開発の推進で「老朽化している県有施設の修繕・建て替えがあとまわしになり、借金を増やすことになれば、くらしと福祉の削減につながる」と批判し、決算認定に反対しました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ