October 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

選挙情報

10/27/2020

笛吹市議選 日本共産党 現有2議席守る

S0121763

25日投開票された笛吹市議選(定数19、立候補20人)で、日本共産党の渡辺正秀(71)=現=、河野智子(57)=現=両候補が当選し、議案提案のできる現有2議席を守りました。

2氏の合計得票は2374票(得票率7・88%)で、参院比例票比で129%に伸ばし、議席占有率を1・0ポイントアップさせました。

選挙戦では「生活が苦しいのに水道料や国保税の値上げはやめてほしい」「給食費の無料化をぜひ」など市民の共感が広がりました。

当選した2氏は「市民のみなさんから『暮らし守って』の願いが強く寄せられた。市民の声を届け、掲げた公約実現へ全力をつくします」と決意を述べました。

投票率は53・90%で前回より8・89ポイント下回りました。

10/20/2020

水道料再値上げ中止を 笛吹市議選告示 渡辺、こうの氏が訴え

Dsc_0285_20201020151001 Dsc_0237_20201020151101

18日に告示(25日投票)された笛吹市議選(定数19、2減)で、日本共産党の渡辺まさひで(71)、こうの智子(57)=いずれも現=の両候補が、2議席確保をめざし、第一声をあげました。小越智子県議が応援に入りました。

市議選には、現職16、新人4の20人(共産2、公明2、無所属16)が立候補。1人はみ出しの少数激戦です。

渡辺、こうの両候補は、市民と力を合わせ都市計画税中止や国民健康保険税の5%(標準世帯で37000円)引き下げを実現したことを報告。「コロナ危機のなか上下水道料の再値上げは許せません。市民負担増に反対し、市民の声を届ける共産党の2議席を必ず」と呼びかけました。

両候補は、学校給食費無料化や18歳までの医療費無料化、国保税・介護保険料の負担軽減などの公約を示し、「市の積立金173億円をいまこそ生活応援のために使い、命と暮らしを守る市政へ全力をつくします」と訴えました。

10/10/2020

水道料値上げ中止訴え 笛吹市議選 現有2議席確保へ全力

  S0089416_20201010174801   S0249458_20201010175201       

笛吹市議選(定数19、2減)が18日告示(25日投票)されます。日本共産党は渡辺まさひで(71)、こうの智子(57)の両現職候補が現有2議席の確保をめざします。

共産党の市政アンケートには「コロナの影響で仕事が減り大変」「国保税が高すぎて医療が受けられず困っている」など切実な声が寄せられました。

共産党市議団はコロナ対策で、5回に渡り市に申し入れするなど市民の要望を届けてきました。

7月臨時市議会では、特別定額給付金の対象外にされた新生児へ10万円の給付金と18歳までのインフルエンザ予防接種の市独自の助成を実現。4年間でも都市計画税中止、国保税の引き下げ実現など市民の命と暮らしを守ってきました。

コロナ禍のなか、市が上下水道料金の2018年の値上げに続き、22年に再値上げの動きに市民の怒りが広がっています。2候補は、上下水道料値上げ中止を訴えるとともに、「新型コロナ対策で地域医療への支援、国保税の引き下げ、18歳までの医療費無料、学校給食の無料化」などの政策を掲げ、「基金173億円を市民の命と暮らし優先に活用を」と訴え奮闘しています。

選挙戦は定数2削減のなか、3人はみ出しの激戦の様相です。

   

09/14/2020

甲斐市長選告示 横山氏第一声

甲斐市長選が13日告示(20日投票)され、日本共産党が支援する横山ようすけ氏(42)=無所属新・元市議=が立候補しました。4期目を目指す現職の保坂武氏(75)=無所属=との一騎打ちです。

現市政が白紙撤回した「バラ園・美術館建設」を計画していた「旧県緑化センター跡地」の活用法が争点となっています。

横山候補は、コロナ禍のなかで命と暮らしを守り、大型開発から給食費無償化、高校3年生までの医療費無料化などの子育て支援を優先する市政転換を掲げ、「公正公平な市政を取り戻したい」と訴えました。

10/05/2019

韮崎市議選 現有2議席守る

Nirasaki_20191005093501

9月29日投開票された韮崎市議選(定数16、2減、立候補18人)で日本共産党は、小林恵理子氏(64)=現=が953票を獲得して5位、渡辺吉基氏(75)=現=が471票を獲得して15位で当選し、現有2議席を守りました。

投票率が前回より約5%低下するなか、2氏の得票は前回選挙から得票率で0・41%上回り、参院比例票比で136%に伸ばし、議席占有率を1・39%アップさせました。

小林、渡辺両氏は、「消費税10%中止、安倍改憲ノーの願いを共産党に託してください」と訴え、国民健康保険税の引き下げ、小中学校の給食費無料化、市営バスの路線拡充などを公約に掲げました。

当選を決めた両氏は、支援者を前に「議案提案権もいかし、市民の立場でスジを通し、くらしと平和を守る共産党議員の役割を果たして頑張ります」と決意を語りました。

09/26/2019

韮崎市議選 小林、渡辺氏が訴え 学校給食費を無料に

Dsc_2631

Dsc_0121

22日に告示(27日投票)された韮崎市議選(定数16、2減)で、日本共産党の小林えり子(64)、渡辺よしもと(75)=いずれも現=の両候補が、2議席確保をめざし、第一声をあげました。小越智子県議が応援に入りました。

市議選には、現職16、新人2の18人(共産2、公明1、無所属15)が立候補しました。

小林、渡辺両候補は、公共施設利用料や下水道料金が、共産党以外の議員の賛成で値上げされたことを批判。市民と力を合わせ、国民健康保険税を1人2万3千円引き下げ、子どもの医療費無料化を高校3年生まで拡大できたことをあげ、「市民負担増に反対し、市民の声を届ける共産党の2議席を必ず」と呼びかけました。

両候補は、小中学校の給食費無料化や介護保険料・利用料の負担軽減などの公約を示し、「くらしに希望がもてる市政へ全力をつくします」と訴えました。

09/21/2019

くらしを守る2議席を 韮崎市議選22日告示

Dsc_6782

Dsc_6683

韮崎市議選(定数16)が22日告示(29日投票)されます。日本共産党は、小林えり子(64)、渡辺よしもと(75)両市議が、党2議席確保へ全力をあげています。

市議選は定数2減のなか、現職16人、新人2人の18人が名乗りをあげ、2人オーバーの少数激戦の予想です。

小林、渡辺両氏は、市民の声を届け、国民健康保険税1人2万3000円の引き下げや高校3年生までの医療費無料化、第2子の保育料の無料化実現などの実績を紹介し、▽国保税をさらに引き下げ、介護保険料・利用料の負担軽減▽小中学校の給食費の無料化―など、暮らし・子育て応援の公約を示して支持を呼びかけています。

党と後援会は「どの陣営も定数削減で『票の上積みをしなければ勝てない』と激しい陣地戦になっている。消費税10%・安倍改憲ノーの明確な審判を下し、くらしを守る市議会へ、共産党の2議席を」と訴え奮闘しています。

07/19/2019

比例・共産躍進と共闘の力で安倍政権を倒し、新しい政治を

Img_20190718_173531

志位和夫委員長を迎えた街頭演説が18日、甲府駅北口広場で開かれ、雨の中600人が参加しました。

しいばかずゆき比例候補、野党統一のいちき伴子選挙区候補が決意表明し、輿石東元参院副議長、山田厚社民党県連代表が連帯のあいさつ、国民民主党県連から連帯のメッセージが寄せられました。

しいば氏は、学費値下げの共産党の提案を語り、「今度の選挙で、命を守る政治、個人の尊厳を守る政治へ、みんなの1票で変えていきましょう。比例は共産党と広げ、国会で働かせてください」と訴えました。

いちき候補は、野党統一に力を尽くしてきた共産党に感謝を述べたうえで、「大企業優先の政治から、命くらし、生活に根ざした経済政策にみなさんと転換させていきたい」と語り、「9条改憲させてはならない。安倍政治を変えていく流れを山梨から起こそう」と訴えました。

輿石氏は、「全国32の1人区の野党統一実現は志位委員長の力が大きい」と感謝を述べ、いちき勝利へ全力を尽くす決意を語りました。

志位氏は、大争点となっている年金問題、消費税10%増税、家計応援などについて「くらしに希望をー3つのプラン」など日本共産党の提案を詳しく訴えました。

訴えの最後に「比例で共産党の躍進が必要です」と強調。「共産党ならではの値打ち」について①安倍政権と対決し、国民の立場で解決策を示す②安倍9条改憲の野望を止める③共闘を発展させるためにも共産党の躍進が決定的に重要になる―という3つの角度から力説しました。

「比例で共産党を伸ばしていただき、共闘の力で日本を変えましょう。安倍政権を倒して『国民が主人公』といえる新しい日本をつくる選挙にしましょう」と呼びかけました。

07/13/2019

賃上げと正社員化を 畑野衆院議員がいちき候補応援

Hatanoouenn

日本共産党の畑野君枝衆院議員は12日、山梨県入りし、甲府市、笛吹市などで比例での共産党躍進と野党統一のいちき伴子山梨選挙区候補の勝利を訴えました。

市川三郷町では、いちき候補の街頭演説に合流し、応援演説を行いました。

畑野氏は、いちき氏の公約にふれ、「労働者の賃上げや非正規から正社員化をすすめることが、年金を支えて充実させる力になる」と強調しました。

安倍政権の大軍拡を批判し「戦闘機1機買うのをやめれば4千人分の保育園ができます」と述べ「憲法9条守れの声をいちき候補に、必ず国会に送ってください」と訴えました。

いちき氏は、「自民党への投票は消費税10%増税賛成の票になる」と述べ、「増税反対の声をお寄せ下さい」と呼びかけ、「今の政権を変えるために山梨から風を起こしたい。9条改憲許さないの声を託してください」と決意を語りました。

演説を聞いた女性(73)は、「野党が一つになって力強い。庶民にとって大変な10%増税はやめて、景気を良くして安心して暮らせるようにしてほしい」と話しました。

07/10/2019

共産党提案いいね しいば比例候補、山梨をかける

Photo_20190710095301

日本共産党のしいばかずゆき参院比例候補は8日、小越智子県議ら地方議員とともに、山梨県内をかけめぐり共産党の支持を訴えました。

甲府市では、大学生や高校生の利用が多いJR甲府駅北口でのおはよう宣伝をかわきりに6カ所で訴えました。しいば氏は、安倍政権による年金7兆円の大削減を批判し「減らない年金、頼れる年金にするのが政治の仕事」と強調。大金持ち優遇の保険料負担をただすなどの共産党の提案を示し、「賃上げや正社員化をすすめ、くらしを支える安心の社会保障制度へ、その願いを共産党にお寄せください」と呼びかけました。

団地前では演説を聞きに出てきた人が「その通り、がんばって」など激励、しいば氏と握手を交わしました。福祉施設近くの宣伝では施設の職員が演説を聞いて「介護職員は仕事の割に賃金が安い。介護報酬をあげて若い人が誇りを持って働き続けられる賃金になってほしい。共産党の提案はいい」と話しました。

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ