January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

選挙情報

01/15/2019

#いのちくらし花田仁PART2

花田仁知事候補 宣伝の様子のダイジェスト
政策や候補者活動しながらの思いを述べています。

#いのちくらし花田仁PART2

#いのちくらし花田仁

青年たちが応援メッセージを花田仁知事候補に寄せてくれました。
大好評の動画です。ぜひご覧ください。

#いのちくらし花田仁PART1

01/11/2019

知事選告示 花田候補が第一声

Dscf3347

山梨県知事選が10日告示(27日投票)され、「明るい民主県政をつくる会」の花田仁氏(57)=新、日本共産党推薦=が立候補し、甲府市のJR甲府駅北口よっちゃばれ広場で第一声をあげました。

「明るい会」代表世話人・選対本部の加藤啓二弁護士があいさつし、「知事選の争点は明確。国民の命とくらしをどう守っていくかが問われています。花田候補は共産党県委員長としてくらし福祉を守る運動の先頭に立って頑張ってきた政治家です。花田候補の支持を広げ、安倍政権の消費税増税、改憲策動を許さない県政・国政に変えましょう」と訴えました。

日本共産党の畑野君枝衆院議員がかけつけ応援演説に立ち、志位和夫委員長のメッセージが紹介されました。

畑野氏は「国民の反対が広がっている安倍政権の消費税10%への増税、9条改憲について他の候補は何も言いません。市民と野党の共闘掲げ、安倍政権にはっきりものをいう花田候補に〝政治を変えたい〟との声をお寄せ下さい」と支持を呼びかけました。

甲府市長選に立候補を予定している日本共産党の、のじり正樹予定候補がともに奮闘する決意を語りました。

また、木内正治山梨勤労者医療協会専務理事、雨宮冨美雄山梨県商工団体連合会会長、こごし智子県議の3氏が応援演説を行いました。

花田候補は、「今の県政はリニア開発に便乗した大型開発には熱心。一方で、介護保険料の値上げや重度心身障害者医療費の窓口無料の廃止などくらし・福祉に冷たい県政。民生費は決算に占める割合で全国44位という最低水準です」と指摘。

介護保険料・国民健康保険料の負担軽減や学校給食費の無料化などくらし福祉、子育てを支え、中小企業・農業支援などで地域を元気にする県政の実現を訴えました。

参加した甲府市の男性(86)は「安倍首相は変えないとだめだ。花田さんに頑張って介護や医療を良くしてほしい」と期待を語りました。

選挙戦は、現職の後藤斎氏(61)=国民民主、立憲民主推薦=、元衆院議員の長崎幸太郎氏(50)=自民、公明推薦=、元参院議員の米長晴信氏(53)との4人の争いとなりました。

12/26/2018

くらし優先の市政へ転換を 甲府市長選 野尻氏が決意

Noziri_3

日本共産党甲府・東山地区委員会は25日、甲府市長選(1月20日告示、27日投票)に、党伊勢住吉支部長の野尻(のじり)正樹氏(70)=新=を党公認候補として擁立し、たたかうと発表しました。

市長選には現職の樋口雄一氏(58)が名乗りをあげ、自民、公明、国民民主、立憲民主が推薦、社民が支持を決めています。
Nozirikao_2

記者会見で野尻氏は、「現市政が国の方針だからと介護保険料を10%値上げしたのに多くの市民が怒っています」と強調。「甲府市を市民のくらし優先の市政にしようと党派をこえた幅広い市民に訴えたい」と力を込めました。

野尻氏はくらしの願い実現へ、①介護保険料・利用料と国保料の引き下げ②高校3年生までの医療費無料化③返済不要の奨学金制度の実現④住宅リフォーム助成制度の復活―などに取り組むことを表明し、安心して住み続けられる甲府へ政治の流れを変える決意を語りました。

会見に同席した植村道隆党甲府・東山地区委員長は「安倍政権の地方壊しの政治にしっかり立ち向かい、安倍暴走に待ったをかける市民の思いを示す選挙にしようと訴えていきたい」と語りました。

【野尻氏の略歴】

日本大学卒。全財務労働組合財務局支部書記長などの役員を歴任。現在、党伊勢住吉支部長。

国いいなり県政転換 山梨県知事選 花田氏が決意

Hanada

山梨県知事選(1月10日告示、27日投票)で、日本共産党も参加する「明るい民主県政をつくる会」は24日、党県委員長の花田仁氏(57)=日本共産党推薦=の擁立を決定し、記者発表しました。

Hanadakao

会見で花田氏は「後藤斎知事はリニア駅周辺事業など大型開発に熱心だが、介護保険料の負担増を容認するなどくらし、福祉、子育てに冷たい典型的な自民党県政だ」と指摘しました。

県民の福祉を守るという自治体本来の役割を果たすために、①巨大開発を見直し、税金の使い方を「くらし最優先」に転換する②9条改憲は許さず、消費税10%にきっぱり反対するなど国にはっきり物をいい、県民の声が通る県政に転換する、「二つの転換」をめざすと表明しました。

知事選には、現職の後藤氏のほか、自民党候補など3氏が立候補を表明。花田氏は「政治の流れで見れば国いいなりの自民党政治を続ける人か、安倍政治と対決する『明るい会』代表か、この2つの流れの対決です」と強調。「命とくらし守る県政への転換で安倍政権に対抗する市民と野党の共同の力が大きくなります」と決意を語りました。

【花田氏の略歴】

中央大学卒。参院選選挙区、衆院山梨3区など6回の国政選挙立候補を経て、2015年知事選立候補。現在、党中央委員・山梨県委員長。

11/27/2018

市議選勝利・参院選躍進へ 中央市で党演説会

Tyuuousi

中央市議選(1月20日告示、27日投票)の勝利をめざす日本共産党演説会が24日、同市で畑野君枝衆院議員を迎えて開かれました。

畑野氏は、高すぎる国保税を協会けんぽ並みに引き下げる抜本的な提案を共産党がしたことを紹介。「全国知事会が『1兆円の国の補助』を要望したことに賛成してつくられた政策。命にかかわる問題、党派を超えて実現させたい」と強調しました。

国会の状況を報告した畑野氏は、「消費税が10%になれば景気が悪くなるのは明らかだ」と述べ、「選挙で結果をだせば増税は止めることができます。市議選勝利、参院選で野党共闘と共産党の躍進で中央市から増税許さない声をあげましょう」と訴えました。

再選めざす木下ゆうき市議は、市民の声を議会に届け、国保税の引き下げや中学3年生までの医療費無料化などが実現したことを報告。「命とくらしを守る市政実現へ全力を尽くします」と決意を語りました。

しいばかずゆき参院比例候補と宮内げん参院選挙区候補があいさつしました。

訴えを聞いた30代の男性は「税金は福祉・教育が良くなるように使うべきです。低所得の人が苦しい消費税はなくしてほしい」と話しました。

09/29/2018

市川三郷町議選 定数減のなか現有議席守る

Itinosebannzai

23日投開票された市川三郷町議選(定数14、立候補15人)で、日本共産党は、一瀬正候補(74)=現=が定数2減のなか863票(得票率9・05%)を獲得し、第3位で当選。現有議席を守り、議席占有率を0・89%アップさせました。

当選の知らせを受けて、一瀬氏は「選挙中に掲げた公約実現へ全力でがんばります」と決意を述べました。

選挙戦で一瀬氏は「国の悪政ときっぱり対決し、町民への負担増にも反対を貫き、願いを実現してきた共産党の議席が町議会にはどうしても必要です」と訴え、国保税の引き下げや中学生の給食費無料化などを公約に掲げました。

町民から「安倍政権はひどい、今は共産党しかない」など期待と共感が広がりました。

投票率は70・40%で、2010年(前回は無投票)より8・49ポイント下回りました。

09/22/2018

国保税の引き下げを 市川三郷町議選 一瀬候補が全力

Dscf0767

市川三郷町議選(定数14、立候補15人)が23日に投票日を迎えます。1人オーバーの激戦のなか、日本共産党の一瀬正候補(74)=現=は「憲法9条守り、消費税増税にもきっぱり反対貫く共産党を伸ばしてください」と訴えるとともに、国保税の引き下げや中学生の給食費無料化、利用しやすい市川三郷病院などの町政政策を示して支持を呼びかけています。

町民からは「ビラを見ました。国保を引き下げてほしい」「介護保険料を何とかしてほしい」「町民のために頑張るのは一瀬候補しかいない」などの声が寄せられています。

他陣営は地縁・血縁をテコに票固めに懸命です。共産党と後援会は「安倍政権への怒り、共産党の政策への期待をくみつくし、必ず勝利しよう」と、宣伝、対話・支持拡大に総力をあげています。

09/14/2018

頼りになる一瀬さん必ず 市川三郷町議選 宮内参院候補訴え

Itikawamisato

日本共産党の宮内げん参院山梨選挙区候補は11日、市川三郷町で街頭宣伝を行い、18日告示、23日投票でたたかわれる町議選で再選をめざす一瀬正町議の勝利と参院選での共産党躍進を訴えました。

宮内氏は安倍首相が改憲を明言していることを批判し「いま必要なことは、豪雨や台風、地震への被災者支援、復興、防災対策などいのちとくらしを守ることです」と強調。「市民と野党が力を合わせて、参院選で安倍政権退陣の審判を。町議選で住民の願い実現に頑張る一瀬正町議の勝利へ力を貸して下さい」と訴えました。

一瀬町議は、共産党がとりくんだ町民アンケートに寄せられた暮らしや福祉への切実な声をあげ、9月議会で8項目を町長に求めたことを強調。国保税の引き下げや介護保険料の軽減、中学生の給食費の無料化などの実現を財源も示し訴えました。

買い物帰りに演説を聞いた70代の男性は「困った時にすぐに来てくれる一瀬さんは本当に頼りになるとみんなが話しています。必ず勝ってほしい」と話しました。

町議選は定数14(前回より2減)に15人が立候補を予定する大激戦となっています。党と後援会は一瀬勝利へ宣伝、対話・支持拡大に全力をあげています。

04/26/2018

甲斐市議選 松井、谷口両氏が当選 現有2議席守る

Kaisikaihyou

22日投開票された甲斐市議選(定数22、立候補23人)で、日本共産党の松井豊(68)=現=、谷口和男(63)=新=の両氏が当選し、議案提案ができる現有2議席を守りました。

2氏の合計得票は1651票(得票率6・13%)で、過去最低の投票率(45・35%)となるなか、前回の得票率を維持しました。

選挙戦では「国保税の引き下げに期待している」「給食費の無料化をぜひ」など市民の共感が広がりました。

当選した2氏は「市民の声をまっすぐ届け、掲げた公約実現へ全力尽くします」と決意を述べました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ