2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

選挙情報

2021年4月20日 (火)

山梨市議選 ぬかのぶ氏が無投票当選

Dsc_0558

山梨市議選(定数18)が18日告示され、日本共産党の、ぬかのぶ平(58)=新=候補が第一声をあげました。定数と同数の立候補で無投票となり初当選をはたしました。

ぬかのぶ氏は「ひとり親家庭で給食費の支払いはきつい」「年金が下がって生活が苦しい」などの市民の声を紹介し、PCR検査拡充、国保税引き下げ、給食費無償化などの公約実現に全力をあげる決意を語りました。

小越智子県議が応援、コロナ対策に無為無策で、原発事故汚染水を海洋放出しようとしている菅政権を批判し「山梨市から菅政権ノーを示しましょう」と訴えました。共産党の志位和夫委員長の激励メッセージが寄せられました。

2021年4月14日 (水)

迫る山梨市議選 コロナ対策拡充、給食費無償化を

Dsc_0500

山梨市議選(定数18)が18日告示(25日投票)されます。日本共産党は現職の清水時保市議から新人の、ぬかのぶ平氏(58)に交代し、現有議席の確保をめざします。

選挙戦は現職15、元職1、新人3の19人が名乗りをあげ、1人オーバーの様相です。

共産党はくり返し国保税の引き下げを求め、2018年度1世帯あたり平均で1万円の引き下げが実現しました。また、今年3月議会で介護保険料を4月から引き下げる条例が提案され、基準額で4800円(6%)の値下げが実現するなど市民の要望を届けてきました。

ぬかのぶ氏は、「市の基金(積立金)は4年間で16億円増え、68億円あります。これを使えば命とくらし応援に活用できます」と主張。

市として、すべての医療従事者・介護施設職員と利用者にPCR検査を実施するなどコロナ対策の拡充を求め、▽小中学校・保育園の給食費無償化▽国保税・介護保険料の引き下げ▽18歳までの医療費無料などの政策を訴えています。

党と後援会は「地域ぐるみの締め付けで激しい陣地戦。共産党の議席確保で福祉の充実と菅政権打倒、政権交代の意思をしめそう」と奮闘しています。

2021年1月 8日 (金)

4月の山梨市議選に、糠信平氏を擁立

Dsc_4667

日本共産党甲府・東山地区委員会は4月18日告示、25日投票の山梨市議選に、現職の清水時保市議にかわって、新人の、糠信 平(ぬかのぶ・たいら)氏(写真)を擁立することを発表しました。

糠信氏は「市民の声を市政に届け、みなさんと力を合わせてくらしと福祉を守るために全力でがんばります」と決意を表明しました。

【糠信氏の略歴】
●1963年生まれ・57歳 民間企業勤務●山梨市一町田中在住●日川小、山梨南中、日川高、京都コンピュータ学院卒

2020年11月17日 (火)

南アルプス市議選 日本共産党 現有2議席守る

Minamiarupusu

15日投開票された山梨県南アルプス市議選(定数22、立候補26人)で、日本共産党は、名取泰候補(53)=現=がトップ当選し、松野昇平候補(44)=現=も当選し、議案提案のできる現有2議席を守りました。

2氏の合計得票は3059票(得票率9・53%)で、参院比例票比で112%に伸ばしました。

コロナ禍でくらしや営業、医療・介護現場での不安が広がるなか、両氏の学校給食費の無償化や国保税の引き下げなどの政策に「くらしや福祉充実のためには共産党の2議席が必要」との期待と共感が広がりました。

両氏は「税金はコロナ対策に使ってほしいという市民の願いをまっすぐ届け、命とくらしを守るために公約実現にがんばります」と決意を述べました。

投票率は55・38%で、前回より2・81ポイント下回りました。

北杜市議選 日本共産党 現有2議席守る

Hokuto

15日投開票された北杜市議選(定数20、2減、立候補21人)で、日本共産党は2672票(得票率9・42%)を獲得し、清水進(64)=現=、志村清(68)=現=両候補が当選し、現有2議席を守りました。

定数削減のなか、議席占有率を0・9ポイントアップさせました。

選挙戦では「今こそ毎年10億円以上の黒字の豊かな財政を使って命とくらしを守るべき」の共産党の訴えに「コロナで困っているときに住民の声に答えてくれる共産党の議員が必要」「18歳までの医療費無料化に期待しています」など共感が広がりました。

両氏は「市民と力を合わせて国保税・介護保険料の負担軽減、学校給食費無償化など掲げた公約実現に全力を尽くします」と決意を述べました。

投票率は73・17%で、前回より1・19%上回りました。

2020年11月10日 (火)

国保税引き下げ訴え 南アルプス市議選 名取、松野氏が訴え

Dsc_0190_20201110225601 Dsc_0249_20201110225701

8日に告示(15日投票)された南アルプス市議選(定数22)で、日本共産党の名取やすし(53)、松野昇平(44)=いずれも現=の両候補が、2議席確保をめざし、第一声をあげました。小越智子県議が応援に入りました。

市議選には、現職19、新人7の26人(共産2、公明3.無所属21)が立候補し、大激戦の様相です。新人は自治会長や女性団体代表など有力な顔ぶれ。「共産党は大丈夫」と切り崩しも強まっています。

両候補は、国保税の引き下げ、介護保険料・利用料の負担軽減、給食費の無償化など、くらし応援の政策を示し、「コロナ禍のもとで市が最優先すべきは命と暮らしを守ること。願い実現のために働かせてください」と訴えました。

市民から「国保・介護の軽減をぜひ」「生活をよくしてくれる人に託したい」など共感が広がっています。

党と後援会は「両候補の支持を広げに広げ、必ず2議席を確保しよう」と総力をあげています。

2議席確保めざす 北杜市議選 清水、志村氏が訴え

Dsc_1873_20201110224501 Dsc_1799_20201110224601

8日に告示(15日投票)された北杜市議選(定数20、2減)で、日本共産党の清水進(64)、志村清(68)=いずれも現=の両候補が、2議席確保をめざし、第一声をあげました。小越智子県議が応援に入りました。

市議選には、現職14、元職1、新人6の21人(共産2、公明2、無所属17)が立候補しました。定数削減のなか、各陣営とも地域締め付けを強めています。党候補の地元から有力新人が立候補するなど激戦となっています。

共産党の政策に市民から「国保税を下げてほしい」「共産党は生活の代弁者。議会に必要」など共感が広がっています。

両候補は、国保税・水道料金の引き下げ、18歳までの医療費無料化、学校給食費の無償化などの政策を財源も示して提案。「コロナ禍で暮らしに不安を抱える市民の願いにこたえ、命と暮らしを守る市政実現へ、共産党の2議席を何としても守ってほしい」と訴えました。

      

2020年11月 6日 (金)

国保税の引き下げを 北杜市議選8日告示

Kimg7199_20201106192401 Dsc_1402_20201106192301

北杜市議選(定数20、2減)が8日告示(15日投票)されます。日本共産党は清水進(64)、志村清(68)の両現職候補が現有2議席の確保をめざします。

選挙戦は定数2削減のなか、現職14、元職1、新人6の21人が名乗りをあげ、1人オーバーの激戦の様相です。

共産党市議団は、介護保険料の値上げなど市民負担増にはきっぱりと反対し、市民と力を合わせ、国保税の1世帯2万7500円の引き下げ、中学3年生までの医療費無料化などを実現してきました。コロナ対策でも2回に渡り市に申し入れするなど市民の要望を届けてきました。

共産党の「市の財政は毎年10億円以上の黒字。基金43億円を命とくらし応援に活用すべきだ」の主張に市民の共感が広がっています。

2候補は、「国保税・水道料金の引き下げ、18歳までの医療費無料、学校給食の無料化」などの政策を提案。「再編統廃合を名指しされた市内の甲陽病院・塩川病院の存続を」と支持を訴えています。

党と後援会は「地域ぐるみの締め付けで激しい陣地戦。共産党の2議席確保で菅政権打倒、政権交代の意思しめそう」と奮闘しています。

学校給食費無償化こそ 南アルプス市議選8日告示

20201030_090329_20201106190901 Img_0075-1_20201106191001

 

南アルプス市議選(定数22)が8日告示(15日投票)されます。日本共産党は名取やすし(53)、松野昇平(44)の両現職候補が現有2議席の確保をめざします。

選挙戦は現職19人、新人6人が名乗りをあげ、3人オーバーの激戦の様相です。

共産党の市政アンケートには約8割から「生活が苦しくなった」と回答があり、税金などの負担軽減を求める声が多数寄せられました。

共産党市議団はコロナ対策で、2回に渡り市長に要望書を届け、議会で18歳までのインフルエンザ予防接種の市独自の助成を実現。これまでも小中学校へエアコン設置、住宅リフォーム支援制度の実施、18歳までの医療費無料化実現など市民の命と暮らしを守ってきました。

市が計画する旧完熟農園跡地への企業誘致の方針を白紙に戻すよう求め、開発基金10億円もコロナ対策に振り向けるよう提案。市民の共感が広がっています。

2候補は、学校給食費無償化などコロナ禍で市民の暮らしを応援し、医療・介護・中小企業支援、国保税の引き下げなどの政策を掲げ、「基金40億円を市民の命と暮らし優先に活用を」と訴え奮闘しています。

2020年10月27日 (火)

笛吹市議選 日本共産党 現有2議席守る

S0121763

25日投開票された笛吹市議選(定数19、立候補20人)で、日本共産党の渡辺正秀(71)=現=、河野智子(57)=現=両候補が当選し、議案提案のできる現有2議席を守りました。

2氏の合計得票は2374票(得票率7・88%)で、参院比例票比で129%に伸ばし、議席占有率を1・0ポイントアップさせました。

選挙戦では「生活が苦しいのに水道料や国保税の値上げはやめてほしい」「給食費の無料化をぜひ」など市民の共感が広がりました。

当選した2氏は「市民のみなさんから『暮らし守って』の願いが強く寄せられた。市民の声を届け、掲げた公約実現へ全力をつくします」と決意を述べました。

投票率は53・90%で前回より8・89ポイント下回りました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ