2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 「年金裁判」控訴審が結審 原告ら集会 | トップページ | 県議会を無視し違法 弁護士費用返還請求訴訟 住民側が主張 »

2021年12月10日 (金)

大幅削減な削減目標必要 甲府市議会 気候対策で木内氏

2018_20211210135401

甲府市議会で3日、日本共産党の木内直子市議が代表質問で、温室効果ガスの削減目標の引き上げを樋口雄一市長に求めました。

木内氏は「気候危機打開にはこれから10年の思い切った温室効果ガス削減が必要だ」と強調し、甲府市の2030年度までの中期目標(2008年比で25パーセント削減)を国連が示した「2010年比45%減」に見合う大幅な削減目標に引き上げるよう求めました。

樋口市長は「地球温暖化に起因する気候変動の影響が深刻化している」と認識を示し、来年度改定予定の実行計画で目標値を定めると答えました。

木内氏は、県が高齢者・障害者施設の職員へ定期的PCR検査の実施を示しているのに甲府市が実施しないことを批判。「感染封じ込めのためにも施設職員・入所者に対してワクチン追加接種と一体に、検査を最低でも週1回、保育園、学校などでも頻回実施すべきだ」と追及しました。

古屋好美保健衛生監は、国が無料の検査へ支援を示したことから「検査の実施主体である県と連携を密にし、迅速かつ円滑に検査が受けられる体制を確保する」と答えました。

« 「年金裁判」控訴審が結審 原告ら集会 | トップページ | 県議会を無視し違法 弁護士費用返還請求訴訟 住民側が主張 »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「年金裁判」控訴審が結審 原告ら集会 | トップページ | 県議会を無視し違法 弁護士費用返還請求訴訟 住民側が主張 »

無料ブログはココログ