2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 大久保候補、小越県議とともに党躍進を訴える | トップページ | 総選挙公示、大久保候補が第一声 終日全力で訴え »

2021年10月20日 (水)

身延町議選告示 渡辺氏が第一声

Dsc_0093

19日告示された山梨県身延町議選(24日投票、定数14)で、日本共産党の渡辺ふみ子候補(68)=現=は、現有議席の確保をめざし、「コロナ禍だからこそ命と暮らしを守る町政を」と第一声をあげました。

現職9、元職1、新人6の16人(共産1、無所属15)が立候補し、2人はみ出しの少数激戦となりました。

渡辺候補は、町民の声を届け、学校給食費の無償化や高齢者施設に入所する際のPCR検査費用の助成制度が実現した事を報告。誰もがPCR検査を受けられる体制の充実や中小業者・生活困窮者への町独自の支援、国保税・介護保険料の引き下げなどの公約を示し「町の財政は毎年黒字。14億円ある財政調整基金の一部を使えばくらし・福祉は充実できる」と提案しました。

« 大久保候補、小越県議とともに党躍進を訴える | トップページ | 総選挙公示、大久保候補が第一声 終日全力で訴え »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大久保候補、小越県議とともに党躍進を訴える | トップページ | 総選挙公示、大久保候補が第一声 終日全力で訴え »

無料ブログはココログ