2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 国民の声を国会に 比例事務所開き 沼上氏訴え | トップページ | 「政治を変える力」共産党の躍進を 大久保氏訴え »

2021年10月16日 (土)

身延町議選19日告示 渡辺氏が全力

Kimg8265_20211016100901

身延町議選(定数14)が19日告示(24日投票)されます。日本共産党は現職の渡辺ふみ子候補(68)が現有議席の確保をめざします。

選挙戦は現職9、元職1、新人7の17人が名乗りをあげ、3人オーバーの様相です。

共産党の町民アンケートには「食品の値上げやコロナ対策の出費が増えて大変」「国保税の負担が大きすぎる」など切実な声が寄せられています。

渡辺候補は、コロナで困っている人の支援を議会で繰り返し提案。町は親元を離れ町外に住む学生に支援金5万円と地元産のお米などを配布。高齢者施設に入所する際のPCR検査費用の助成制度が導入されました。子育て支援では、学校給食費の無償化、入学祝い金の入学前支給が実現しました。

渡辺候補は▽誰もがPCR検査を受けられる体制づくり▽国保税の引き下げ、「均等割」の廃止などの政策を提案。「再編統合を名指しされた町内の飯冨病院の存続を」と訴えています。

党と後援会は「新人が多数立候補する激しい選挙戦。渡辺候補の勝利で政権交代の意思示そう」と奮闘しています。

« 国民の声を国会に 比例事務所開き 沼上氏訴え | トップページ | 「政治を変える力」共産党の躍進を 大久保氏訴え »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民の声を国会に 比例事務所開き 沼上氏訴え | トップページ | 「政治を変える力」共産党の躍進を 大久保氏訴え »

無料ブログはココログ