2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 米海兵隊実弾砲撃演習中止を 知事に北富士共闘会議 | トップページ | 県の宿泊割中止せよ 山梨民医連が声明 »

2021年4月14日 (水)

迫る山梨市議選 コロナ対策拡充、給食費無償化を

Dsc_0500

山梨市議選(定数18)が18日告示(25日投票)されます。日本共産党は現職の清水時保市議から新人の、ぬかのぶ平氏(58)に交代し、現有議席の確保をめざします。

選挙戦は現職15、元職1、新人3の19人が名乗りをあげ、1人オーバーの様相です。

共産党はくり返し国保税の引き下げを求め、2018年度1世帯あたり平均で1万円の引き下げが実現しました。また、今年3月議会で介護保険料を4月から引き下げる条例が提案され、基準額で4800円(6%)の値下げが実現するなど市民の要望を届けてきました。

ぬかのぶ氏は、「市の基金(積立金)は4年間で16億円増え、68億円あります。これを使えば命とくらし応援に活用できます」と主張。

市として、すべての医療従事者・介護施設職員と利用者にPCR検査を実施するなどコロナ対策の拡充を求め、▽小中学校・保育園の給食費無償化▽国保税・介護保険料の引き下げ▽18歳までの医療費無料などの政策を訴えています。

党と後援会は「地域ぐるみの締め付けで激しい陣地戦。共産党の議席確保で福祉の充実と菅政権打倒、政権交代の意思をしめそう」と奮闘しています。

« 米海兵隊実弾砲撃演習中止を 知事に北富士共闘会議 | トップページ | 県の宿泊割中止せよ 山梨民医連が声明 »

選挙情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米海兵隊実弾砲撃演習中止を 知事に北富士共闘会議 | トップページ | 県の宿泊割中止せよ 山梨民医連が声明 »

無料ブログはココログ