April 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 北富士演習場 米訓練で4回火災 共産党が中止要請 | Main | 2・11県民集会開く 憲法の平和主義世界に広げる »

02/13/2021

女性の活動拠点を廃止しないで 新婦人が県に要望

Dsc_0569

山梨県は県内3カ所の「男女共同参画推進センター」のうち都留市と南部町のセンターを廃止し、甲府市のセンターに集約化する方向で検討。公共施設の長寿命化などを求める国の方針を受けて検討を進めているもので、本年度中に方針を決定するとしています。

県の検討を受けて、新日本婦人の会山梨県本部は10日、豊木桂子会長ら6人が県庁を訪れ、長崎幸太郎知事に都留市、南部町のセンターなど、県の施設の廃止をやめて引き続き利用できるよう要望しました。

要望書では「男女共同参画推進センターは、女性の力を発揮できる場所として、地域にも根ざして活動できる女性たちの活動の拠点であり、失うことは活動の中止を意味する」と指摘し、「県民の財産である施設を使いやすく活用をすすめるのが県の役割ではないでしょうか」と強調しています。

同会のメンバーは「女性活躍をめざすと言いながら意識の後退ではないか。活動の先が見えなくなり不安だ」「センターでは相談業務、自主企画があって女性団体の交流の場にもなっている。ジェンダー平等、DV問題、子育てなど考える場所がなくなれば活動が低下する」など訴えました。

県の担当者は「男女共同参画の取り組みは維持していくことが大事。地域に支障がないよう検討していきたい」と答えました。日本共産党の小越智子県議が同席しました。

« 北富士演習場 米訓練で4回火災 共産党が中止要請 | Main | 2・11県民集会開く 憲法の平和主義世界に広げる »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 北富士演習場 米訓練で4回火災 共産党が中止要請 | Main | 2・11県民集会開く 憲法の平和主義世界に広げる »

無料ブログはココログ