January 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 平和で命が大切にされる社会を 憲法共同センター宣伝 | Main | 国保税引き下げ訴え 南アルプス市議選 名取、松野氏が訴え »

11/10/2020

2議席確保めざす 北杜市議選 清水、志村氏が訴え

Dsc_1873_20201110224501 Dsc_1799_20201110224601

8日に告示(15日投票)された北杜市議選(定数20、2減)で、日本共産党の清水進(64)、志村清(68)=いずれも現=の両候補が、2議席確保をめざし、第一声をあげました。小越智子県議が応援に入りました。

市議選には、現職14、元職1、新人6の21人(共産2、公明2、無所属17)が立候補しました。定数削減のなか、各陣営とも地域締め付けを強めています。党候補の地元から有力新人が立候補するなど激戦となっています。

共産党の政策に市民から「国保税を下げてほしい」「共産党は生活の代弁者。議会に必要」など共感が広がっています。

両候補は、国保税・水道料金の引き下げ、18歳までの医療費無料化、学校給食費の無償化などの政策を財源も示して提案。「コロナ禍で暮らしに不安を抱える市民の願いにこたえ、命と暮らしを守る市政実現へ、共産党の2議席を何としても守ってほしい」と訴えました。

      

« 平和で命が大切にされる社会を 憲法共同センター宣伝 | Main | 国保税引き下げ訴え 南アルプス市議選 名取、松野氏が訴え »

選挙情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 平和で命が大切にされる社会を 憲法共同センター宣伝 | Main | 国保税引き下げ訴え 南アルプス市議選 名取、松野氏が訴え »

無料ブログはココログ