2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 南アルプス市議選 日本共産党 現有2議席守る | トップページ | 医療者検査 全額国の負担で 党県委と市民団体が予算要望 »

2020年11月20日 (金)

新婦人富士吉田支部が市役所で「原爆の絵」展

Dsc_0349

新日本婦人の会富士吉田支部は19日から、富士吉田市役所1階正面玄関エントランスで「原爆と人間、原爆の絵」展を開きました。同支部が富士吉田市の協力で、庁内を会場に初めて開催しました。

展示は、原爆の非人道性を告発する写真13点と広島の高校生が被爆体験証言者と共同で制作した12点の絵が掲示されました。

展示を見学した50代男性は、高校生がリアルに描いた絵に驚き「若い世代に原爆の恐ろしさを伝えていくことは大切だと思う。世界で核兵器をなくそうと禁止条約をつくったのだから、日本こそ参加してほしい」と話しました。

核兵器禁止条約の批准が50カ国を超え、日本政府に署名・批准を求める署名が開始されています。

同支部は富士吉田市で署名活動を進めようと話し合い展示を企画。市に協力を要請しました。来年1月の発効に合わせた企画も計画しています。

展示は25日(21日~23日は市役所が閉館)まで、午前9時から午後5時まで開催されています。

« 南アルプス市議選 日本共産党 現有2議席守る | トップページ | 医療者検査 全額国の負担で 党県委と市民団体が予算要望 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南アルプス市議選 日本共産党 現有2議席守る | トップページ | 医療者検査 全額国の負担で 党県委と市民団体が予算要望 »

無料ブログはココログ