November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 雇用と生活守る 山梨県労が大会開く | Main | 水道料値上げ中止訴え 笛吹市議選 現有2議席確保へ全力 »

10/09/2020

談合違約金減額に反対 小越県議が主張

Kogosi_20201009133601

県議会最終日の6日、日本共産党の小越智子県議は土木工事の談合めぐる違約金減額の請願に反対の討論を行いました。

談合は2011年に峡東地区の建設会社37社が公正取引委員会から課徴金納付を命じられ、総額30億円の支払いを求められているもの。06年から公取委の立ち入り調査が入る10年までに県発注の土木工事316件中、312件を談合し30社や構成するJVが受注。落札率は97%の高さでした。

請願は地元商工会が提出し、「コロナ禍で中小業者の倒産・廃業が懸念される」として違約金の減額などを求めています。

小越氏は「公取委の審判の経過を見ても、談合が長期にわたり、かつ組織的、継続的であり、摘発を逃れる工作もするなど悪質。公共の利益に反し、県民の税金が不当に充てられた事になり違約金を支払うことは当然だ」と主張。

「雇用対策、生活支援は別途検討するのが筋だ。議会がやるべきことは毅然とした談合を許さない姿勢であり、違約金減額の請願は不採択とすべきだ」と反対を表明しました。

« 雇用と生活守る 山梨県労が大会開く | Main | 水道料値上げ中止訴え 笛吹市議選 現有2議席確保へ全力 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 雇用と生活守る 山梨県労が大会開く | Main | 水道料値上げ中止訴え 笛吹市議選 現有2議席確保へ全力 »

無料ブログはココログ