2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 空襲75年 灯火集う ちょうちん手に市民ら | トップページ | 市議会 医療機関支援の意見書不採択 甲府健康友の会が抗議 »

2020年7月16日 (木)

医療崩壊防ぐ、減収に補償を 県民大運動が総会

Dsc_0048

県民要求実現大運動実行委員会は8日、甲府市で年次総会を開き、コロナ禍から県民の命と暮らしを守る行政を求め、自治体への要請行動を強化するなどの方針を決めました。

代表世話人の上野光正県労議長は、休業要請に補償をしない長崎幸太郎知事の姿勢を批判。「県民の生活はますます厳しくなっている。感染防止対策の充実と暮らしを守る対策を強く要請しよう」と呼びかけました。

討論では各団体のコロナ対策求める活動が報告され、遠藤隆山梨民医連事務局長は「コロナ患者を受け入れた病院に対して空床補償が必要だ。ある病院では減らした数の1割に満たないベット数しか県から補助されず、これでは受け入れたくても受け入れられないと話している。医療崩壊を防ぐために国や県に減収補てんを求めていきたい」と語りました。

石原剛甲府民商会長は「電話相談会でフリーランスの人が困っている実態が分かった。私たちの声で制度の対象を拡大してきた。実態を示し行政に働きかけることが大事だ」と話しました。

« 空襲75年 灯火集う ちょうちん手に市民ら | トップページ | 市議会 医療機関支援の意見書不採択 甲府健康友の会が抗議 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空襲75年 灯火集う ちょうちん手に市民ら | トップページ | 市議会 医療機関支援の意見書不採択 甲府健康友の会が抗議 »

無料ブログはココログ