November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 病院統廃合撤回を 北杜市議会が意見書 | Main | 休業協力金の支給を 市民団体が知事に要請 »

06/30/2020

減収補てん、なぜしない 小越県議が追及

Dsc_1912

長崎幸太郎知事は26日、国の第2次補正予算の成立を受けて、新型コロナウイルスに対応する追加補正予算案を提出。日本共産党の小越智子県議が質問に立ちました。

国は2次補正で新型コロナウイルス感染症患者の受け入れ病床を確保した医療機関への補助単価を大幅増額しました。ところが追加補正には空床確保の予算が計上されていません。しかも、4月の補正予算に盛り込まれた、受け入れ病床を確保した医療機関への県独自の特別給付金10億3500万円もいまだに執行されていません。

小越氏は「なぜ、空床確保の予算が計上されないのか。日本病院協会などの調査でコロナ患者受け入れ医療機関は平均1億円の赤字。県内でも9割が減収した」と指摘。「感染防止に努めてきた医療機関が資金ショートとなれば医療崩壊となる。減収補てんとして空床の支援が必要だ」と追及しました。

小島良一福祉保健部長は、県の特別給付金について「感染拡大時に、患者を受け入れる基幹病院に対して補償する」と説明。国の空床補償について「国から示される制度の詳細や新たに作成する病床確保計画を踏まえて必要に応じて予算計上する」と答弁しました。

« 病院統廃合撤回を 北杜市議会が意見書 | Main | 休業協力金の支給を 市民団体が知事に要請 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 病院統廃合撤回を 北杜市議会が意見書 | Main | 休業協力金の支給を 市民団体が知事に要請 »

無料ブログはココログ