November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 国保証交付ただちに 生健会が甲府市に要望 | Main | 甲府市議会 木内市議が予算案に反対討論 »

03/24/2020

PCR検査体制の強化 県補正予算を全会一致で可決

県議会は23日、新型コロナウイルス感染者の急増に対応できる医療体制の整備、PCR検査体制の強化などの緊急対策を盛り込んだ14億円余の補正予算を全会一致で可決しました。

補正予算は、PCR検査器を新たに2台配備(現在3台)するなど検査体制の強化や低所得者・障害者などへの生活福祉資金の貸し付け事業、地場産業・観光産業などへの緊急支援などの事業費が計上されました。

日本共産党の小越智子議員が質疑に立ち、「マスク・消毒液などの不足は深刻だ」と指摘し、各施設の保有状況を把握して対応することを求めました。

小島良一福祉保健部長は「マスクは医療機関には国からの配布を優先。県は430万枚を業者に発注。福祉施設に優先して配布する」と答弁。消毒液も含め、各施設の在庫・使用料を調査し、結果に基づき優先順位により配布することを明らかにしました。

生活資金について手続きの簡素化と周知の徹底を求めた小越氏の質問に、小島部長は「1週間程度で活用できるよう必要書類の事後提出を認めることや印鑑証明を求めないなど事務処理を簡素化する」と答えました。

« 国保証交付ただちに 生健会が甲府市に要望 | Main | 甲府市議会 木内市議が予算案に反対討論 »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 国保証交付ただちに 生健会が甲府市に要望 | Main | 甲府市議会 木内市議が予算案に反対討論 »

無料ブログはココログ