November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 賃上げで雇用守ろう 山梨県労が決起集会 | Main | 国保証交付ただちに 生健会が甲府市に要望 »

03/20/2020

お客さん8割減った 観光業者「消費税減税を」

Isawa1

日本共産党山梨県委員会は12日から、新型コロナウイルス感染拡大で深刻な影響を受けている観光業者などから実態と要望を聞き取っています。

14日には、小越智子県議と笛吹市の河野智子市議が同市の温泉街のホテルを訪ねました。経営者は「学校一斉休校からキャンセルが相次ぎ、春の観光シーズンなのにお客が8割減っている。関連する業者も深刻でバス会社は運転手にやめてもらっている。街も夜は真っ暗で人がいない。数人の宿泊客だけなら閉めていた方がましだ。半年も自粛が続けば全滅ではないか」と実態を語りました。

小越氏は共産党の緊急経済提言を渡し「休校など国や県の要請で収入が減っているのだから予算を組んで補償をするのが当然です」と話すと、経営者は「融資は借金だから返済できるか不安だ。消費税をゼロにするような思い切った対策が必要。キャンセルの半分でも補償してほしい。せめて税金や消費税の納期を1年延ばしてほしい」と訴えました。

河野氏は「観光は多くの市民の生活に関わっている。お話は市に届けます」と述べ、小越氏は「県も補正予算を組むので要望が反映できるような規模を求めたい」と話しました。

13日の医療機関・高齢者施設からの聞き取りでは「手術用マスクがない」「消毒備品は1週間分しかない」「納入業者に聞いても見通しがない」など深刻な実態が寄せられました。

12日に訪問した旅行業者からは「安倍首相の自粛要請からすべてキャンセル。いつ戻ってくるか見通しが立たない。キャンセルの補償がほしい」との要望がありました。

小越氏は、ただちにこれらの声を県の担当課に伝え、緊急の対応を要請しました。

« 賃上げで雇用守ろう 山梨県労が決起集会 | Main | 国保証交付ただちに 生健会が甲府市に要望 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 賃上げで雇用守ろう 山梨県労が決起集会 | Main | 国保証交付ただちに 生健会が甲府市に要望 »

無料ブログはココログ