November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 県議会開会 長崎知事が所信 | Main | 甲斐市の美術館・バラ園建設問う 住民投票条例へ署名 »

02/22/2020

市民サービスを守れ 甲府市に大運動実行委が要望

Koufusidaiunndou

甲府市市民要求実現大運動実行委員会(長田正弘代表)は20日、同市の行政外部評価委員会が報告書で求めた市民サービスの後退をしないよう求めました。

昨年10月の報告書は、▽重度障害者の入院時食事療養費助成の廃止▽敬老祝い金の段階的廃止▽運転免許証返納者へのバス用ICカード(1万円相当)の交付見直し▽池田、東部窓口センターの休日業務をやめる▽子ども運動遊び事業のイベント参加費徴収―などの市民サービス後退を打ちだしました。

要請には21人が参加。内藤司朗事務局長は「前年度までの評価委員会は8人で4人が一般公募。今回はわずか3人で市民代表は入っていない。学識経験者と言っても行政や福祉の専門家ではない。意見を聞くなら当事者の声を聞いてほしい」と訴えました。

市の担当者は、バス用ICカードについて「令和2年度は継続する」と答えましたが、その他のサービスは廃止・市民負担を増やす方向を示しました。

日本共産党の清水英知、木内直子両市議が同席しました。

« 県議会開会 長崎知事が所信 | Main | 甲斐市の美術館・バラ園建設問う 住民投票条例へ署名 »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 県議会開会 長崎知事が所信 | Main | 甲斐市の美術館・バラ園建設問う 住民投票条例へ署名 »

無料ブログはココログ