2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 支払い心配 受診我慢 重度障害者 窓口無料求め交流 | トップページ | 授業料減免廃止は困る 民青が実態アンケート »

2019年12月24日 (火)

わがまちふるさと 伝統の継承 沢登切子 南アルプス市

Photo_20191224164601

「切子(きりこ)」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。多くの方はガラス細工の江戸切子を連想すると思いますが、私の街では違います。南アルプス市沢登に300年以上に受け継がれてきた和紙を使った切り絵のような「沢登切子」です。

沢登切子は、和紙を15枚ほど重ねて、手作りの「つきみの」という刃物で、「麻の葉」「六角」「格子」といった紋様と絵を組み合わせたものを彫っていきます。

専門の職人ではなく、地元の普通の住民が仕事の合間に作成しますが、その繊細さや精密さは、見た人たちを驚かせます。

切子は毎年10月に地元の切子保存会役員経験者により審査され、等級が決定されます。

その後、六角堂というお堂に奉納する六角堂祭典が開かれます。お堂の光に照らされる切子は「お透かし」とも言われ、市内外から多くの方が愛でに訪れます。

切子の制作は数カ月かかる大変な作業ですが、それだけに完成した時の喜びと、制作に挑戦する人たちの連帯感も高まります。

保存会もあり、講習会や小学校での制作指導など、伝統の継承に取り組んでいます。

上位入選の沢登切子は六角堂横に年間を通して展示されています。また保存会のホームページでもご覧いただけます。

 (名取泰南アルプス市議、写真は筆者の今年の切子作品)

« 支払い心配 受診我慢 重度障害者 窓口無料求め交流 | トップページ | 授業料減免廃止は困る 民青が実態アンケート »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 支払い心配 受診我慢 重度障害者 窓口無料求め交流 | トップページ | 授業料減免廃止は困る 民青が実態アンケート »

無料ブログはココログ