September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 共産党提案いいね しいば比例候補、山梨をかける | Main | 北杜市議会 日米地位協定見直しの意見書可決 »

07/10/2019

市田副委員長街頭演説 輿石元参院副議長とともに訴え 南アルプス

Itida

市田忠義副委員長を迎えた街頭演説が8日、南アルプス市で開かれ、200人が参加しました。

しいばかずゆき比例候補と野党統一のいちき伴子選挙区候補が決意表明し、輿石東元参院副議長が激励と連帯のあいさつをしました。

いちき氏は「野党共闘が実現したからには、勝たなければならない」と決意を語り、年金問題を取り上げ、「今の政権は私たちの暮らしや生活に向き合おうとしない政権だ」と批判し、政治の転換を訴えました。

輿石氏は市田副委員長とともに壇上に上がったことに「胸が熱くなる」と述べ、「山梨から新しい時代へ新しい政治の流れをつくっていきたい。選挙区ではいちき伴子候補、比例ではしいばかずゆき候補の2人を国会に送り出そう」と訴えました。

市田氏は、「今や安倍政治に不満と不信が全国どこでも広がっている」と述べ、参院選を市民と野党の勝利と共産党の躍進で安倍政治サヨナラの選挙にしよう」と呼びかけました。

年金問題、消費税に頼らない道、共産党のくらしに希望を3つのプランについて語った市田氏は、「企業献金を1円ももらわない党だから大企業や財界にはっきりものが言える。共産党を躍進させていただき、くらしに希望の持てる政治を一緒につくりましょう」と訴えました。

安倍改憲について「ねらいは海外で戦争する米軍と肩を並べる国。変えるべきは憲法でない、憲法にそむく安倍政権だ」と強調しました。

しいば氏は、安倍政権から日本の農業を守ろうと訴えました。

演説を聞いた女性(72)は「市田さんの話はわかりやすかった。共産党のめざしている日本の姿が身近に感じられた。友達にも応援してよと話します」と語りました。

« 共産党提案いいね しいば比例候補、山梨をかける | Main | 北杜市議会 日米地位協定見直しの意見書可決 »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 共産党提案いいね しいば比例候補、山梨をかける | Main | 北杜市議会 日米地位協定見直しの意見書可決 »

無料ブログはココログ