September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 比例・共産躍進と共闘の力で安倍政権を倒し、新しい政治を | Main | 市来さん大健闘 今後につながる財産 党県委が選挙結果を報告 »

07/26/2019

参院選 野党統一候補 市来伴子さん健闘 日本共産党比例代表26491票獲得  ご支援ありがとうございました

第25回参議院選挙の山梨県の結果について                             
2019年 7月22日 日本共産党山梨県委員会

一、今度の参議院選挙で日本共産党は、前回に引き続き野党共闘の成功と日本共産党の躍進という2つの目標をかかげてたたかいました。

山梨選挙区で、いちき伴子野党統一候補は、15万327票(得票率43・2%)を獲得し、残念ながら議席には及びませんでしたが、得票率では前回を0・2ポイントうわまわり大健闘しました。

比例代表選挙では、日本共産党は2万6491票(得票率7・7%)を獲得し、前回参院選比で9866票、得票率では1・5ポイント下回りましたが、2017年衆院選比例との比較では得票率は0・3ポイント上回りました。

野党統一候補勝利のために共にたたかったみなさん、日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、日夜をわかたずご奮闘をいただいた支持者、後援会員、党員のみなさんに心からお礼を申しあげます。


二、今回、市民連合やまなしのみなさんの後押しもあり、前回に続き野党統一候補が実現しました。

同時に政策協議が始まったのは4月下旬で、協定書が締結されたのは公示の5週間前と前回に比べ大きく立ち遅れました。しかし共通政策は、「今年10月からの消費税増税中止」「辺野古新基地建設中止」「日米地位協定の抜本改定」など前回に比べて大変豊かになりました。「山梨は共闘」の連名ポスターが作成され、全県にはりだすなど、本気の共闘という点でも前進がありました。

日本共産党は、市田副委員長、志位委員長と、いちき伴子候補、輿石参院元副議長、山田社民党県連代表との共同の街頭宣伝など野党共闘を一歩一歩前に進めていきました。

短期間のたたかいのなかでも共闘を発展させたことは、次の衆院選など今後のたたかいに生きる大きな財産になったと考えます。全国の1人区では、野党は改選前2議席から10議席へと前進し、改憲勢力に議席の3分の2を許さない結果をつくる大きな力となりました。市民と野党の共闘については、ともにたたかったみなさんと話し合い、さらに発展させていく決意です。

 
三、日本共産党は選挙戦のなかで、「年金を削減するマクロ経済スライドを廃止し、『減らない年金』、低年金の底上げを」「くらしに希望を―三つの提案」「財源は、『消費税に頼らない別の道』で」と批判とともに希望を語ることに力をつくしました。「減らない年金というのはいいね」「学費は、すぐに半額にしてほしい」という声が多数寄せられ、財源論にも共感が寄せられました。

また、「『消費税に頼らない別の道』を打ち出せるのは大企業から献金をうけとっていない党だからこそ。この党の躍進こそ、くらしをよくする一番の力」「市民と野党の共闘に誠実に力をつくしてきた共産党が躍進してこそ、野党統一候補が勝利できる」と党の値打ちを語ってきました。こうした訴えが届いたところでは、共感が広がりましたが、その共感の広がりを比例での支持に十分に結びつけることができませんでした。

比例代表の得票が、2017年衆院選から得票率で上回ったものの、前回参院選からは得票数、率とも下回ったことなどについては、今後党内外のみなさんの声に耳を傾け、総括を深めていきます。

選挙で掲げた公約実現とともに、強く大きな党をつくり今後の国政選挙、地方選挙で躍進するために全力をつくす決意です。

« 比例・共産躍進と共闘の力で安倍政権を倒し、新しい政治を | Main | 市来さん大健闘 今後につながる財産 党県委が選挙結果を報告 »

声明・政策」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 比例・共産躍進と共闘の力で安倍政権を倒し、新しい政治を | Main | 市来さん大健闘 今後につながる財産 党県委が選挙結果を報告 »

無料ブログはココログ