November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« メーデー成功へ 前夜祭開く | Main | 安倍改憲阻止を 憲法集会inやまなし »

05/03/2019

大企業優遇の政治批判 労農商統一メーデーに800人

Mede

第90回労農商統一メーデーが1日、甲府市で開かれ、800人が参加しました。

参加者は、JR甲府駅北口から会場の甲府市緑が丘公園まで約3㌔を「安倍改憲やめよ。消費税増税反対」などと唱和しながらパレードしました。

主催者あいさつで上野光正山梨県労議長は、安倍政権の大企業優遇の政治を批判し「大企業の内部留保を社会に還元させて、賃金の引き上げ、中小企業支援対策の強化を」と強調。「まともな政治を取り戻すために参院選で野党共闘の勝利へ、メーデーを決起の場にしよう」と呼びかけました。

日本共産党の花田仁県委員長、立憲民主党の宮沢由佳参院議員、社会民主党の山田厚県連代表が連帯あいさつ。花田氏は「参院選で安倍改憲、消費税増税ノーの審判を、安倍政権を打倒し、憲法が生きる新しい政治実現に全力で頑張ります」と訴えました。

参加団体から決意と訴えがあり、公務労組の代表は「職場では5年間で1割の人員削減が強行され、穴埋めに非正規雇用を増やしている。住民サービスの後退を許さないたたかいをすすめたい」と語りました。

会場入り口では、日本共産党の宮内げん参院山梨選挙区候補と小越智子県議、甲府市議らが参加者を激励しました。

« メーデー成功へ 前夜祭開く | Main | 安倍改憲阻止を 憲法集会inやまなし »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« メーデー成功へ 前夜祭開く | Main | 安倍改憲阻止を 憲法集会inやまなし »

無料ブログはココログ