October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« お金の心配せず生きたい 生活保護切り下げ不服請求 | Main | 「君が代」強制やめて 新婦人が県教委に申し入れ »

02/05/2019

県議選 甲府で2議席必ず こごし、すがの事務所開き

Kogosi

Dscf4271

県議選甲府市区(定数9)で2議席獲得を目指す、日本共産党の、こごし智子県議の事務所開きが2日、すがの幹子県議候補の事務所開きが3日、行われ、合わせて140人の参加者が必勝の決意を固め合いました。

植村道隆党甲府・東山地区委員長があいさつし、「長崎新知事は官邸丸抱えで安倍政権直結。くらし福祉守る防波堤となる共産党2議席を必ず勝ち取り安倍政治に厳しい審判を下しましょう」と訴えました。

こごし県議は「新知事の公約は大型開発が目白押しだ」と指摘。自民党の悪政と対決し県政をチェックする発言力を大きくし、県民要求実現へ、「2議席で変える」と決意を表明しました。

すがの候補は「県民から『一番まともなことを言っているのは共産党』『県議会が与党の議員ばかりでは困る』と励まされます。2議席で安倍政治を終わらせる第一歩に、くらし福祉最優先の県政に全力で頑張ります」と訴えました。

宮内げん参院山梨選挙区候補と内藤しろう、清水ひでとも、木内なおこの各甲府市議、長坂まさはる市議候補、岡猛元県議らも決意を語りました。

選挙戦は、新人5人が立候補の準備を進め、自民が現有4人から6人をめざすなど多数激戦の様相です。

« お金の心配せず生きたい 生活保護切り下げ不服請求 | Main | 「君が代」強制やめて 新婦人が県教委に申し入れ »

選挙情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 県議選 甲府で2議席必ず こごし、すがの事務所開き:

« お金の心配せず生きたい 生活保護切り下げ不服請求 | Main | 「君が代」強制やめて 新婦人が県教委に申し入れ »

無料ブログはココログ