2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 安保法制 精神的苦痛 甲府地裁 違憲訴訟口頭弁論 | トップページ | 県議選 甲府で2議席必ず こごし、すがの事務所開き »

2019年2月 5日 (火)

お金の心配せず生きたい 生活保護切り下げ不服請求

Seikennkai

生活保護基準の切り下げに対する不服審査請求の口頭意見陳述が1月18日、山梨県庁で行われました。不服審査請求は、県生活と健康を守る会連合会(県生連)の呼びかけで生活保護受給者30人が昨年12月に県庁に提出しました。

請求人と県生連役員(代理人)の6人が意見陳述し、保護基準の切り下げで苦しい生活の実態を次々と訴えました。甲府市の女性は「ぎりぎりの生活なので、近所の付き合いでお金が必要な時は食費を切りつめているが、ほんとうに困ってしまう。お金の心配をしないで生きていきたい」と語りました。

大月市の女性は「お風呂の湯は捨てずに沸かしなおして使っています。冬は週2回、夏はシャワーで済ませます。病院に通う交通費も大変です」と話しました。

同席した県生連の佐藤文男事務局長は「声をあげられない人が大勢いる。実態も見ずに国は保護基準を切り下げている。不服審査請求で保護受給者の苦しい実態を知らせていきたい」と話しました。

« 安保法制 精神的苦痛 甲府地裁 違憲訴訟口頭弁論 | トップページ | 県議選 甲府で2議席必ず こごし、すがの事務所開き »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金の心配せず生きたい 生活保護切り下げ不服請求:

« 安保法制 精神的苦痛 甲府地裁 違憲訴訟口頭弁論 | トップページ | 県議選 甲府で2議席必ず こごし、すがの事務所開き »

無料ブログはココログ