2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 安倍政権の退陣を早く 甲府駅前19日集会 | トップページ | 山梨県議会開会 大型事業推進 長崎新知事が所信 »

2019年2月27日 (水)

ブラックバイトが心配 民青県委員会が入試宣伝

Minnsei

民青同盟山梨県委員会(北村星那県委員長)と日本共産党甲府・東山地区委員会は25日、甲府駅北口で入試宣伝を行い、後期試験を終えた受験生と対話しました。

宣伝では「フランスの学費はいくら?」というシール投票を行い、学費値上げ反対の運動をしている民青同盟の活動を紹介しました。母親とシール投票した女子高校生は、フランスの学費の安さにビックリして「本当にタダのようですね」と話し、同盟員が「政府が大学の予算を増やすことが必要です」と説明するとうなずいていました。

神奈川から受験に来たという男性は「学費が高いところには行けない。親も国立にといっている」と話し、同盟員の話に共感しました。

2人連れの男子高校生は、民青同盟のアンケートに答え、関心のある出来事で、「ブラック企業、消費税増税、9条を守る」の項目にそれぞれ丸をつけ「大学に入ったらバイトしなければならないから、ブラックバイトが心配です」と語りました。

宣伝には、宮内げん参院山梨選挙区候補が参加しました。

« 安倍政権の退陣を早く 甲府駅前19日集会 | トップページ | 山梨県議会開会 大型事業推進 長崎新知事が所信 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバイトが心配 民青県委員会が入試宣伝:

« 安倍政権の退陣を早く 甲府駅前19日集会 | トップページ | 山梨県議会開会 大型事業推進 長崎新知事が所信 »

無料ブログはココログ