2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 巨額開発推進を批判 小越議員 決算認定に反対討論 | トップページ | 幅広い運動で政治変えよう 12・8県民のつどい »

2018年12月14日 (金)

高校生が描いた原爆の絵展 戦争の悲惨さ伝えたい

Dscf2755


「被爆者援護・連帯募金旬間」に呼応し、ヒバクシャ国際署名推進へ、原水爆禁止山梨県協議会は10日から14日まで、JR甲府駅北口で、広島の高校生が描いた「原爆の絵」展を開きました。

展示は、広島市立基町高校生徒と被爆体験証言者が共同で制作し、被爆の悲惨さ、残忍さ、非人間性を感じ取った高校生が描いたもので、64点の絵が掲示されました。駅を利用する子ども連れの家族や中学生、高校生、高齢者ら幅広い世代が足を止め、真剣な表情で見入り、ヒバクシャ国際署名に協力しました。

「絵を見て切なくなる」と話した60代の女性は「核兵器は2度と使ってはいけない。安倍さんは、禁止条約に批准すべきです」と語りました。

70代の男性は、安倍政権の改憲の動きに怒り、「戦争の悲惨さを若い世代に伝えたい」と話しました。

« 巨額開発推進を批判 小越議員 決算認定に反対討論 | トップページ | 幅広い運動で政治変えよう 12・8県民のつどい »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校生が描いた原爆の絵展 戦争の悲惨さ伝えたい:

« 巨額開発推進を批判 小越議員 決算認定に反対討論 | トップページ | 幅広い運動で政治変えよう 12・8県民のつどい »

無料ブログはココログ