May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

国政選挙予定候補

« April 2018 | Main

May 2018

05/14/2018

現実無視した過大投資 甲府市リニア新駅近接まちづくり計画

甲府市が発表したリニア中央新幹線新駅近接地域のまちづくり整備方針に対して、地元住民などから「説明もなく丸投げだ」と批判が広がっています。

樋口雄一市長は4月9日に記者会見でリニア新駅から約1キロ圏内の約90ヘクタールを歩いていける「近接地域」として整備する方針を発表。東京圏からの移住世帯のほかサテライトオフィスや移転企業を対象にした土地利用としこのエリアに2500人の居住・就業をめざすとしています。

新駅周辺の24ヘクタールは県が開発構想を進めていますが、甲府市の開発計画の対象地域はその周辺で現在、市街化調整区域になっているため、組合による土地区画整理を行い、市街化区域に編入する方針です。

地元に負担リスク

しかし、区画整理は「組合施行」(地権者など地元が実施)で市が事業費の3割を助成することになっていますが、億単位の費用がかかるとされ、9割の地権者の同意の取り付けや事業執行と保留地処分がうまくいかなければ地元負担となることなど「リスクが大きい」と批判の声が起きています。

対象となる甲府市高室町、大津町、西下条町の3自治会への市の説明会では、自治会ごとに地区区画整理のしくみを学ぶ組織を作り、準備を進めてもらうなどの方針に「住民任せともいえる構想を急に打ち出され、あきれてしまう」と批判が続出しました。

Dscf7929

地権者の要望無視

大津町の住民は専業農家が多く、県の開発エリア内にある農地を売却した後も農業を続ける方向で、市が開発方針を打ち出したエリア内に農地の代替地を確保するために県と交渉していました。市の計画は地権者が希望している農地の大半を占める地域をすべて開発することになり、「農地の代替地は近隣の地域で」という地権者の要望を無視したものであり、困惑と不安が広がっています。

西下条リニア中央新幹線対策協議会の一員である花田仁日本共産党山梨県委員長は「リニア新駅利用者数(乗降客数)の見込みはJR甲府駅の4割程度と見込まれるうえ、リニアを利用する通勤・通学客は1日あたり100人程度との試算もあり、JR甲府駅以上の周辺整備は必要ありません。過大な需要予測にもとづく過大な投資は見直すべきです」と指摘しています。

日本共産党の内藤司朗市議は「定住人口増は現実的でなく、地元に負担を強いる開発が必要なのか。介護や子育てにお金を使う方が『住みよい甲府』への道だと思います。地元住民の要望を届け、開発計画の問題点を追求していきたい」と話しています。


05/12/2018

心つなぐ絵手紙展 甲府市で13日まで

Dscf7846

「9条守ろう。平和の心を絵手紙に」をテーマに「こころをつなぐ絵手紙展」が10日から、甲府市の男女共同参画推進センター(ぴゅあ総合)で始まりました。

新日本婦人の会山梨県本部が毎年開いているもので、今年で20回目。県内各地の「絵手紙小組」の会員116人が出品しています。草花や野菜などに「平和憲法は子らへの贈りもの」「今を大切に」などの言葉を添えた大小約1000点の作品が展示されました。

北杜市から出品した矢板さと子さんは「ポストカードに描くので気軽にできて、言葉を添えるのでその時の気持ちが伝わるのがいい。その事が絵手紙を広げると思います」と話しました。

12日と最終日の13日には、絵手紙体験会も開かれます。

生かせ9条 改憲阻止 市民と野党、街頭に結集

Kennpousyuukai

甲府駅北口広場で3日、「憲法集会inやまなし」が開かれ、市民団体と民進党、共産党、社民党など野党代表ら約千人が参加しました。

主催者あいさつで椎名慎太郎山梨学院大名誉教授は、安倍首相による自衛隊明記の改憲案について「自衛隊が暴走する可能性があり許すわけにいかない。『9条改憲ノー』『安倍政権は退陣』の声をあげていこう」と呼びかけました。

山梨市民アクションの伊藤洋共同代表(元山梨県立大学学長)や民進党の宮沢由佳参院議員らが連帯のあいさつ。日本共産党の花田仁県委員長は「海外での無制限の武力行使に道を開くことが安倍改憲の正体。市民と野党の共闘で安倍政権を倒し、改憲を葬ろう」と訴えました。

市民からの発言で、甲府市で活動する「学生9条の会」代表(19)は「活動をきっかけに9条を学び、70年以上平和を守ってきたことや国際社会で日本は大きな役割があると考えた。若い世代が9条の大切さを気づいてほしいから改憲は阻止したい。未来を平和に自分らしく生活できるよう声をあげて活動したい」と決意を語りました。

集会後、参加者は「憲法守れ」「9条改憲絶対反対」と声をあげながら市中心部をパレードしました。

05/02/2018

怒りの世論広げよう 山梨県メーデーに900人

Dscf7536

甲府市緑が丘公園を会場に、第89回労農商統一メーデーが900人の参加で開かれました。

主催者あいさつで上野光正山梨県労議長は「メーデー成功で最悪の政治を進める安倍政権退陣の流れをつくろう」と呼びかけました。

公務労組の代表は「職場では月時間の過労死ラインを超える残業をしている仲間の数がここ数年高止まり。安心できる職場にするためには人を増やし、仕事量を減らすことだ。団結してがんばりたい」と決意表明しました。

日本共産党の田村智子副委員長・参院議員と民進党の宮沢由佳参院議員ら4人が来賓と連帯のあいさつをしました。

田村氏は「改ざん、隠ぺい、セクハラ問題で野党6党は団結して追及し、自民党にまともな国会審議を要求しているがゼロ回答だ」と批判。与党が維新とともに「働き方改革」法案を強行採決しようとしていることにふれ、「8時間労働制を根幹から覆す大改悪で絶対に許すわけにいかない。怒りの世論を広げて必ず安倍内閣退陣へ追い込もう」と訴えました。

参加者は集会に先立ち、JR甲府駅前からメーデー会場までパレード。会場入り口では、田村氏と小越智子県議、甲府市議らが参加者を激励しました。

« April 2018 | Main

無料ブログはココログ