March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 国保税引き下げを 甲斐市議選 松井・谷口両候補が第一声 | Main | 市民と野党6党の連携で安倍政権を退陣に 19日集会 »

04/26/2018

改憲の流れとめよう 署名推進へ市民のつどい

Fuefukisi

笛吹市民アクションは15日、同市で安倍改憲阻止へ3000万人署名推進めざす「市民のつどい」を開き、80人が参加しました。

主催者あいさつで中山八十司共同代表(牧師)は「平和憲法で年間、日本は海外での戦争に参加しなかった。安倍政権による戦争できる国にさせないために、市民の力で署名を集め、草の根の運動を成功させよう」と呼びかけました。

米田佐代子さん(平塚らいてうの家館長、元山梨県立女子短大教授)が講演しました。米田氏は「女性がイニシアチブをもって参加しなければ、ほんとうの平和は実現しない」と述べ「女性たちは病院や学校、住む家、食事などの安定を望む。これが平和であり、憲法9条は日常の生活を守っている」と強調。署名について「あきらめないで、意見の違う人にもアピールが届くような対話を」と呼びかけました。

来賓あいさつで、山梨市民アクションの雨松拓真共同代表は「森友・加計問題の怒りと合流し、安倍政権を倒していくことで改憲の流れをとめよう」と訴えました。

笛吹市民アクションは3月に結成。市内の医師や元教員、元市議、農業者などの賛同者を200名まで増やし、急速に署名を広げています。

« 国保税引き下げを 甲斐市議選 松井・谷口両候補が第一声 | Main | 市民と野党6党の連携で安倍政権を退陣に 19日集会 »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 改憲の流れとめよう 署名推進へ市民のつどい:

« 国保税引き下げを 甲斐市議選 松井・谷口両候補が第一声 | Main | 市民と野党6党の連携で安倍政権を退陣に 19日集会 »

無料ブログはココログ