November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 待機児童 県が調査を 小越県議が一般質問 | Main | 山梨から社会を変えるには 若者団体「YDA」がトーク »

03/09/2018

中核市移行の検証を 甲府市議会 清水議員が代表質問

甲府市議会で2日、日本共産党の清水英知市議が代表質問に立ち、中核市移行に伴う職員体制や財政問題、介護保険料などについて質問しました。

清水氏は、甲府市が2019年4月にめざしている中核市移行に伴い、新たに必要とされる職員数を保健所設置に伴う人員などで42人程度と見込んでいることについて「総務省の人口1万人当たりの普通会計職員数で比較すると、配置されたとしても少ないほうから8番目くらいに相当する」と述べ「県と合意した移譲事務項目は2398にのぼる。移行により職員に負担が増え、既存業務への支障、職員の健康悪化を引き起こす」と指摘しました。

さらに、市の財政影響額もプラス64万円と試算され、不確定な要素も多く「身の丈以上の仕事を背負うことには無理がある。移行にこだわらずさらに検証を深めるべき」と追及しました。

樋口雄一市長は「2019年4月を迎える万全の態勢を整える」と答弁しました。

また清水市議は、甲府市高齢者支援計画素案で65歳以上の介護保険料が現行の1割上昇し、月額6500円程度になると見込まれていることについて、「経済的負担によって、必要な介護サービスが受けられない事態は避けなければならない」と強調。「介護保険料値上げの中止、保険料及び、利用料の軽減措置の拡充」などを求めました。

« 待機児童 県が調査を 小越県議が一般質問 | Main | 山梨から社会を変えるには 若者団体「YDA」がトーク »

活動紹介」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中核市移行の検証を 甲府市議会 清水議員が代表質問:

« 待機児童 県が調査を 小越県議が一般質問 | Main | 山梨から社会を変えるには 若者団体「YDA」がトーク »

無料ブログはココログ