2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 短期の議長交代に抗議 民主的な運営求め、県議会議長に申し入れ | トップページ | 安心して暮らせる子育て支援を 「考える会」甲府駅で署名行動 »

2017年12月26日 (火)

人間らしく暮らせる最低賃金を 県労春闘討論集会

Syunntou

山梨県労は20日、甲府市内で2018国民春闘にむけた討論集会を開き、賃金引き上げと労働条件改善・全国一律最低賃金の実現や安倍9条改憲に反対する共同を広げるなどの方針を確認しました。

全労連の布施恵輔国際局長が「2018国民春闘における最低賃金の運動の意義」と題して講演しました。

布施氏は「人間らしく暮らしていくためには時給1500円の最低賃金が必要」と述べ「全国一律に引き上げることで格差をなくし経済・社会の活性化につながる」と強調しました。世界全体で貧困と格差が広がるなかで、国際的にも最賃引き上げの動きが進み、スイスでは時給2000円、ドイツでは1500円となっているなどの例を紹介。全国で起こってきた市民運動に労働組合が機敏に連帯して「最賃引き上げの意義を広げていくことが重要」と訴えました。

討論では「人手が足りず、長時間労働を強いられている。質の高い看護・医療のために人間らしく働ける労働環境へ春闘をたたかいたい」(医労連)「保育の現場は8時間で仕事が終わらない。統一要求とともに身近な改善に努力して、入って良かったといえる組合にしていきたい」(福祉労組)などの発言が相次ぎました。

« 短期の議長交代に抗議 民主的な運営求め、県議会議長に申し入れ | トップページ | 安心して暮らせる子育て支援を 「考える会」甲府駅で署名行動 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間らしく暮らせる最低賃金を 県労春闘討論集会:

« 短期の議長交代に抗議 民主的な運営求め、県議会議長に申し入れ | トップページ | 安心して暮らせる子育て支援を 「考える会」甲府駅で署名行動 »

無料ブログはココログ