2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 公的規制どう強める 過労死防止対策シンポジウム | トップページ | 「生活保護世帯 守った」 山梨県生健会総会 »

2017年12月 7日 (木)

職員採用汚職究明を 市民要求実行委が予算要望書

Yamanasisi

山梨市の「市民要求実行委員会」は1日、高木晴雄山梨市長に来年度予算に対する要望書を提出しました。日本共産党の清水時保市議も同席しました。

要望書で、市の職員採用試験を巡る汚職事件について、原因究明と教訓をつかみ、公正をはかることを求めました。

市は①事件の検証②再発防止③関係職員の処分―の3つの課題ごとに協議する委員会を今月中に設置し、来年2月までに協議結果を報告するとしています。

実行委員会の代表は「市民が注目しています。市民が納得できるようしっかり検証してほしい」と訴えました。

その他、教育費の充実や住宅リフォーム助成制度の拡充など約100項目を要望。高木市長は「各担当課で検討して回答します」と答えました。

清水市議は、市税の滞納について、市民から相談のあった「国保税の滞納で銀行口座を差し押さえられた」「高額医療費の還付金を納税にまわされた」などの事例を示し、丁寧に相談に乗り、適切な対応をすることを求めました。

高木市長は「どういう事情かよく聞いたうえで、どんな支援ができるか、担当課で対応するようにします」と答えました。

« 公的規制どう強める 過労死防止対策シンポジウム | トップページ | 「生活保護世帯 守った」 山梨県生健会総会 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職員採用汚職究明を 市民要求実行委が予算要望書:

« 公的規制どう強める 過労死防止対策シンポジウム | トップページ | 「生活保護世帯 守った」 山梨県生健会総会 »

無料ブログはココログ