2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 洪水の危険 周知必要 甲府市議会 内藤議員が代表質問 | トップページ | 家庭訪問、公務と認めず 教員の災害請求棄却 甲府地裁 »

2017年9月14日 (木)

国保移管 山梨県社保協が県に要請書提出

山梨県社会保障推進協議会は4日、国民健康保険財政の都道府県への移管に際しての財政措置などを求める要請書を県に提出しました。

国民健康保険は、2018年度から運営主体が市町村から県に移管されることで、国保料(税)を医療費の実績や収納率に基づいて県が一律に定めることになります。そのため、国保料の値上げや滞納世帯への強制徴収が強まることが心配されています。

要請書は、県内全市町村の納付金・標準保険料率の試算結果の公表と県単位化に伴う追加の財政措置の実行を国に求めること、一般会計からの繰り入れなど市町村の権限を妨げないことを求めました。

応対した県の国保援護課の担当者は「県の国保運営協議会に伝えます」とこたえました。

県社保協の成島茂事務局長は「国保料がどうなるかは、暮らしに関わる重大な問題です。払える保険料にするために、社保協として県内の市町村にも要請をしており、9月末から各自治体を訪問し、懇談した結果をまとめ県に対して要請していきたい」と話しました。

« 洪水の危険 周知必要 甲府市議会 内藤議員が代表質問 | トップページ | 家庭訪問、公務と認めず 教員の災害請求棄却 甲府地裁 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国保移管 山梨県社保協が県に要請書提出:

« 洪水の危険 周知必要 甲府市議会 内藤議員が代表質問 | トップページ | 家庭訪問、公務と認めず 教員の災害請求棄却 甲府地裁 »

無料ブログはココログ