2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 平和の担い手になる 「らいてう」に学ぶ 国際女性デー山梨集会開催 | トップページ | 野党共闘をぜひ 県内野党に方針を聞く集会開催 »

2017年3月15日 (水)

カジノ誘致に市長は反対を 甲府市議会 内藤議員が代表質問

甲府市議会は2日、日本共産党の内藤司朗議員が代表質問に立ち、新年度予算について樋口雄一市長の見解をただしました。

内藤議員は、産前産後のケアセンター日帰り利用者への利用料助成や新生児聴覚検査助成、学童保育の6年生への拡大について、共産党市議団が求めてきたものだと評価しました。

一方でリニア関連事業の推進、民間委託化などの「行革」推進、国の社会保障抑制路線の踏襲などの問題点を指摘。「市長が子ども優先のまちづくりをうたうならば、給食費の無償化、18歳までの医療費無料制度拡大、市独自の給付型奨学金制度を創設すべき」と求めました。

また、市が「甲府市リニア基本構想」を公表し、「県の構想と整合性を図る」としていることに「過大な需要予測で過大投資を行うことは将来に禍根を残す」と指摘しました。

内藤議員は、リニア新駅周辺への「カジノ誘致」の問題について「市長自ら反対の意思表示をすべきだ」と迫りました。

市当局は、「統合型リゾート施設は地域経済に寄与するが、カジノ誘致に懸念の声も聞いている。国、県、他都市の動向を見守り慎重に対応する」と答弁しました。

« 平和の担い手になる 「らいてう」に学ぶ 国際女性デー山梨集会開催 | トップページ | 野党共闘をぜひ 県内野党に方針を聞く集会開催 »

活動紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カジノ誘致に市長は反対を 甲府市議会 内藤議員が代表質問:

« 平和の担い手になる 「らいてう」に学ぶ 国際女性デー山梨集会開催 | トップページ | 野党共闘をぜひ 県内野党に方針を聞く集会開催 »

無料ブログはココログ