November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 「かがやけ9条」看板設置 明野・須玉9条の会 市民にアピール | Main | “民主主義奪還へ結集” 総選挙勝利誓う 共産党県委が党会議開催 »

02/03/2017

若者に広がる貧困 山梨民医連が藤田氏招き講演会

20170128_minniren_kouenkai

山梨県民主医療機関連合会は1月28日、甲府市で藤田孝典さん(NPO法人ほっとプラス代表理事)を招いて講演会を開き、104人が参加しました。

藤田氏は「貧困世代 若者に広がる貧困の現状と対策」とのテーマで講演。「この十数年、非正規雇用の拡大や過酷な長時間労働で使いつぶされるなど、30代以下の若者の生活は急速に苦しくなっている」と指摘し、「(若者の)精神疾患の発症は20年前の6倍で、若者にものすごいストレスをかけている社会。『働けば暮らしていける』『若いうちの苦労は一時的なもの』などの見方は間違いだと知ってもらいたい」と話しました。

その上で「貧困が構造的に広がっているのに、政治の対応策は未成熟だ」と批判。社会保障制度の充実とともに、若者に対しては、労働組合への参加、誰もが使える給付制奨学金制度の導入、低家賃で借りられる住宅政策の必要性などを訴え、「『暮らしにくさ』は変えられます。現状を知ったら、次は行動していきましょう」と呼びかけました。

参加した大学1年生(19)=北杜市=は「自分のまわりを見ても、ブラックバイトを心配する友人が身近にいる。行動を起こすことの大切さを感じた」と話しました。

« 「かがやけ9条」看板設置 明野・須玉9条の会 市民にアピール | Main | “民主主義奪還へ結集” 総選挙勝利誓う 共産党県委が党会議開催 »

県内情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若者に広がる貧困 山梨民医連が藤田氏招き講演会:

« 「かがやけ9条」看板設置 明野・須玉9条の会 市民にアピール | Main | “民主主義奪還へ結集” 総選挙勝利誓う 共産党県委が党会議開催 »

無料ブログはココログ