2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 高校入学時の費用 県独自に一部補助 住民と共産党要求 | トップページ | 戦争法廃止・稲田氏辞任を/甲府で集会 »

2017年2月19日 (日)

権力の干渉許さない 山梨2・11集会 報道の自由問う

20170211kenpou

「第36回 歴史に学び平和を考える 2・11山梨県民集会」(主催=同実行委員会)が11日、甲府市で開かれました。醍醐聰さん(東京大学名誉教授)が「今、問われるメディアの報道姿勢と私たち」とのテーマで講演し、約100人が参加しました。

醍醐氏は、「報道の自由」とは「国家権力からの干渉を許さない自由」だとした上で、「『報道の自由』とはそれ自体が目的ではなく、市民の知る権利に仕えるためのもの。報道機関は、『伝える自由』の裏には『伝える責任』があると考えるべきだ」と述べました。

「報道の自主・自立」を支える柱として、醍醐氏は、①自律的な課題の設定②独自の視点からの調査報道③「公共的価値」に照らした話題選択の3点をあげて、南スーダンへの自衛隊派兵や安保法制でのテレビ報道を検証。民放に比べて「NHKは独自の取材に基づいた事実の検証が弱い。政府の言い分をそのまま流し、『報道の自主・自立』を自ら放棄してしまっている」と厳しく批判するとともに、NHKの制度改革の必要性を訴えました。

« 高校入学時の費用 県独自に一部補助 住民と共産党要求 | トップページ | 戦争法廃止・稲田氏辞任を/甲府で集会 »

県内情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権力の干渉許さない 山梨2・11集会 報道の自由問う:

« 高校入学時の費用 県独自に一部補助 住民と共産党要求 | トップページ | 戦争法廃止・稲田氏辞任を/甲府で集会 »

無料ブログはココログ