January 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 市民オンブズマン 「県議の領収書 ネット公開を」 | Main | 過労死防止推進シンポジウム開催 「国の責任果たさせよう」 »

12/06/2016

政活費返還裁判  視察の一部「観光旅行と変わらず」

Dscf7132

2012年度中に政務調査費(現在の政務活動費)を使った山梨県議・元県議14人の海外研修について、「観光旅行同然だ」として「政務調査費返還請求」原告団9人が約830万円の費用の返還を求める裁判の判決が11月29日、甲府地裁(峯俊之裁判長)で出されました。
 判決は、世界遺産の「モンサンミッシェル」などを見学したフランスへの視察については、「一般の観光旅行と変わらず、政務調査に値しない」と述べ、被告の県議・元県議11人に合わせて約560万円の返還を求めました。一方で、シンガポール、北欧、韓国への視察については原告の訴えを退けました。
 原告弁護団は「フランスについてはこちらの主張が認められたが、それ以外は、『観光旅行の部分はあるが、全体としては政務調査の実質が備わっていないとまでは言えない』として認める不十分な内容だ」と批判。
 判決を受けて山本大志原告団代表は「税金を使った『海外研修』が、すでに13年の高裁判決で断罪されたことなどを踏まえると、地裁判決は逆行している。判決内容をよく検討し、控訴を含めて対応を考えたい」と述べました。

« 市民オンブズマン 「県議の領収書 ネット公開を」 | Main | 過労死防止推進シンポジウム開催 「国の責任果たさせよう」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政活費返還裁判  視察の一部「観光旅行と変わらず」:

« 市民オンブズマン 「県議の領収書 ネット公開を」 | Main | 過労死防止推進シンポジウム開催 「国の責任果たさせよう」 »

無料ブログはココログ