January 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 笛吹市で党演説会 「市民守る防波堤に」 市議選必勝へ斉藤氏訴え | Main | 年金違憲訴訟 『支援する会』が総会 »

10/09/2016

県医労連がナースウェーブ 「安心の医療・介護実現を」

Dscf4568

山梨県医療労働組合連合会(佐藤均委員長)は8日、甲府市のJR甲府駅前で、秋のナースウェーブ(白衣宣伝)を行い、医師・看護師・介護職員などの大幅増員や安全・安心の医療・介護の実現を訴えました。
 宣伝では、「医療や介護の現場では人手不足が深刻。過酷な夜勤や交代勤務で働き続けることが困難になっている」と訴え、「社会保障予算の削減をやめさせ、国民にとって安心して医療や介護を受けられ、医療・介護従事者が働き続けられる政策が必要です」と署名を呼びかけました。
 署名に応じた70代の女性は、「誰だって病気になるし、いつ病院に担ぎ込まれるかわからない。人手不足でお医者さんや看護師さんが疲れ切っていたら大変だ」と語りました。
 宣伝に参加した看護師の女性(20代)は「最初は緊張したが、『あなたの病院にお世話になっているよ』と声をかけられたり、自分から署名を書きに来てくれる方も多くてうれしかった。現場は人手が足りない。認知症の方も多く、入院患者や重い症状の方が多いと本当に大変。もっと看護師を増やしてほしい」と話していました。
 宣伝には看護師や事務職員ら約30人が参加し、30分で135人の署名が寄せられました。

« 笛吹市で党演説会 「市民守る防波堤に」 市議選必勝へ斉藤氏訴え | Main | 年金違憲訴訟 『支援する会』が総会 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 県医労連がナースウェーブ 「安心の医療・介護実現を」:

« 笛吹市で党演説会 「市民守る防波堤に」 市議選必勝へ斉藤氏訴え | Main | 年金違憲訴訟 『支援する会』が総会 »

無料ブログはココログ