January 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 笛吹市議選 くらし・福祉最優先の市政へ決意 渡辺・こうの両氏が当選 | Main | 北杜市議選 あす告示  暮らし守る2議席かならず »

10/31/2016

「南スーダンで人殺すな」 青年らがドラムデモ

Dscf5734

南スーダンへの自衛隊駆け付け警護派遣に抗議するドラムデモが29日、甲府市内で行われました。青年ら70人の参加者はドラムに合わせ「南スーダンで人殺すな」「自衛隊員の命を守れ」とコールしながら、市中心部をパレードしました。
 青年団体「YDA」(ヤマナシ・デモクラシー・アクション)が呼びかけたもの。
 集会には野党各党の代表が参加し、日本共産党の花田仁県委員長は「いま南スーダンで必要なのは、憲法9条に基づく非軍事の民生支援を抜本的に強めること」「来たる衆院選では本気の共闘をつくって勝利し、戦争法を廃止して安倍政権を打倒しよう」と訴え。民進党の宮沢由佳参院議員がメッセージを寄せました。
 リレートークでは、山梨大学に通う学生(19)が「南スーダンで銃を向ける相手は民間人。安倍首相には自衛隊員や南スーダンの人の命に対するリアリティーがあまりにもない」と語りました。
 初めてデモに参加した20代の女性=甲府市=は「最初は戸惑ったけど、お店の中から見ている人も多くてデモへの注目を感じた。南スーダンで起こっている『戦闘』を『衝突』とごまかして自衛隊を送ろうとする政府はおかしい」と話していました。


« 笛吹市議選 くらし・福祉最優先の市政へ決意 渡辺・こうの両氏が当選 | Main | 北杜市議選 あす告示  暮らし守る2議席かならず »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「南スーダンで人殺すな」 青年らがドラムデモ:

« 笛吹市議選 くらし・福祉最優先の市政へ決意 渡辺・こうの両氏が当選 | Main | 北杜市議選 あす告示  暮らし守る2議席かならず »

無料ブログはココログ